2010-03-08 13:00:00

通期業績予想(連結及び個別)及び期末配当予想の修正に関するお知らせ

平成22年3月8日各位

会社名太平化学製品株式会社
代表者名代表取締役社長瀬戸口照弘(コード番号4223)問合せ先経営管理部長龍造寺秀樹電話048-222-1122

通期業績予想(連結及び個別)及び期末配当予想の修正に関するお知らせ
最近の業績の動向を踏まえ、平成21年10月28日付で公表いたしました平成22年3月期(平成21年4月1日~平成22年3月31日)の業績予想及び平成21年5月12日付「平成21年3月期決算短信」で公表いたしました期末配当予想を、下記の通り修正いたしましたのでお知らせいたします。記

1.平成22年3月期通期(平成21年4月1日~平成22年3月31日)業績予想の修正(1)連結業績予想数値の修正売上高
百万円

営業利益
百万円

経常利益
百万円

当期純利益
百万円

1株当たり当期純利益
円銭

前回発表予想今回修正予想増増減減

(A)(B)

7,3006,800△500△6.8

250190△60△24.0117

210150△60△28.695

10550△55△52.451

8.544.07△4.47△52.34.15

額(B)-(A)率(%)

(ご参考)前期実績(平成21年3月期)

8,002

(2)個別業績予想数値の修正売上高
百万円

営業利益
百万円

経常利益
百万円

当期純利益
百万円

1株当たり当期純利益
円銭

前回発表予想今回修正予想増増減減

(A)(B)

7,2806,780△500△6.9

250190△60△24.0107

210150△60△28.693

10550△55△52.449

8.544.07△4.47△52.34.06

額(B)-(A)率(%)

(ご参考)前期実績(平成21年3月期)

7,980

(3)修正の理由前回予想時点では一部分野での需要回復や経済対策効果を考慮し、ある程度の景気回復による売上増を見込んでおりました。しかし、下期も引き続き円高やデフレの進行に加え、経済対策の息切れ懸念、雇用不安等も相俟って厳しい状況が続いています。かかる環境下、当社グループは売上及び収益の落ち込みを少しでも阻止すべく、引き続き、拡販、新規製品の開発上市、労務費修繕費を中心とする各種経費節減等に取り組みました。

しかし、依然として需要は縮小均衡状態が続いており、売上高は前回予想を下回る見通しとなりましたことから業績予想を修正いたします。また、各利益につきましても前述の売上減少の影響を受けて前回予想を下回る見込であることから、同じく業績予想を修正いたします。

2.平成22年3月期(平成21年4月1日~平成22年3月31日)期末配当予想の修正(1)修正の内容1株当たり配当金
第1四半期末第2四半期末
円銭

第3四半期末
円銭




円銭

合計
円銭

前回予想(平成21年5月12日発表)今回修正予想当期実績前期実績(平成21年3月期)





----

----

----

5.002.50

5.002.50

2.50

2.50

(2)修正の理由上記業績予想の修正のとおり、個別の業績予想が前回予想を下回ることが見込まれることや、今後の厳しい経営環境に備えるため、遺憾ながら1株2円50銭(前回予想5円00銭)に修正させていただきます。以上



情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120100308037701.pdf