2010-03-08 15:30:00

クロスプラス平成22年1月期通期業績予想(連結個別)修正の及び特別損失に関するお知らせ

平成22年3月8日各位会社代表者コード番上場取引問合せ電話番名名号所先号クロスプラス株式会社代表取締役社長森文夫3320東証名証(市場第二部)経営企画室長日比野寛052-532-2211(代表)

平成22年1月期通期業績予想(連結個別)の修正及び特別損失の発生に関するお知らせ
最近の業績の動向等を踏まえ、平成21年9月11日に公表しました平成22年1月期(平成21年2月1日~平成22年1月31日)通期業績予想(連結個別)を下記のとおり修正いたしましたのでお知らせいたします。また、特別損失が発生いたしましたので、その内容についてお知らせいたします。記1.平成22年1月期通期業績予想数値の修正(平成21年2月1日~平成22年1月31日)[連結]売上高(百万円)前今増回発表回修正減予想(A)予想(B)額(B-A)80,00077,896△2,104△2.685,679営業利益(百万円)△900△927△27―551経常利益(百万円)4004838320.8△1,370当期純利益(百万円)△450△671△221―△1,124△145.831株当り当期純利益(円)△61.48△91.69

増減率(%)(ご参考)前期実績(平成21年1月期)[個別]

売上高(百万円)前今増回発表回修正減予想(A)予想(B)額(B-A)65,00063,178△1,822△2.870,418

営業利益(百万円)△800△7973―497

経常利益(百万円)50062812825.6△1,372

当期純利益(百万円)△100△559△459―△2,685

1株当り当期純利益(円)△13.66△76.39

増減率(%)(ご参考)前期実績(平成21年1月期)

△348.16

2.通期業績修正の理由売上高は、引き続いた小売店頭の販売不振や低価格競争により、連結は778億96百万円、個別は631億78百万円となりました。経常利益は、経費削減効果により営業利益が予想値に収まったのに加え、企画業務受託料、ライセンス収入等により、連結は4億83百万円、個別は6億28百万円と前回発表予想を上回る見通しとなりました。連結当期純利益は、6億71百万円の損失となりました。これは、特別損失に、投資有価証券評価損2億99百万円、小売店舗等の減損損失1億66百万円を計上することによります。個別当期純利益は、5億59百万円の損失となりました。これは、特別損失に、投資有価証券評価損2億99百万円、子会社への貸付金に係る損失に備えるため関係会社損失負担引当金2億90百万円(連結上は消去となります)を計上することによります。

3.特別損失(投資有価証券評価損)の計上「その他有価証券」に区分される保有有価証券のうち、時価(非上場株は実質価額)が著しく下落し、その回復があると認められない上場株及び非上場株について、平成22年1月期において減損処理による有価証券評価損2億99百万円を計上いたします。
単体(A)平成22年1月期第4四半期会計期間(平成21年11月1日から平成22年1月31日まで)の有価証券評価損の総額(=イ-ロ)(イ)平成22年1月期(平成21年2月1日から平成22年1月31日まで)の有価証券評価損の総額(ロ)直前四半期(平成22年1月期第3四半期)累計期間(平成21年2月1日から平成21年10月31日まで)の有価証券評価損の総額164百万円299百万円135百万円連結164百万円299百万円135百万円

※四半期における有価証券の評価方法は、洗替え方式を採用しております。純資産経常利益当期純利益に対する割合


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120100305037023.pdf