2010-04-22 16:00:00

ファーマライズホールディングス有限会社ボティカとの資本業務提携(第三者割当増資引受)の基本合意に関するお知らせ

平成22年4月22日各位
会社名ファーマライズホールディングス株式会社代表者名代表取締役社長大野利美知(JASDAQコード番号2796)問合せ先常務取締役村上典夫(TEL.03-3362-7130)

有限会社ボティカとの資本業務提携(第三者割当増資引受)の基本合意に関するお知らせ

当社は、平成22年4月22日開催の取締役会において、有限会社ボティカ(本社代表取締役

北海道旭川市、

山本雅一)との資本業務提携(第三者割当増資引受)に関する基本合意書の締結につい

て決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。なお、本提携により有限会社ボティカは当社の持分法適用関連会社になる見込みであります。


1.提携の目的当社は調剤薬局事業を営む連結子会社8社を統括する持株会社で、当社グループ全体では北海道地区から近畿地区まで合計158店舗を運営しております。当社グループの特長は、質の高い調剤サービスを安定的に提供できる能力を裏付けに地域にドミナント圏を形成し、積極的に地域医療に関与することで安定的な成長を遂げてきたことであります。また、当社は昨年6月に新設会社分割により持株会社体制に移行し、「地域医療に貢献する」というグループ理念に共鳴できる企業との提携連携を積極的に推進してきた経緯があります。一方、有限会社ボティカは、北海道旭川市で平成4年に創業し、現在は旭川市内の要所に調剤薬局3店舗を展開しております。創業以来「多様化した患者志向に対応できる調剤薬局」を掲げ、旭川市の地域医療地域社会への貢献とともに、着実な成長を果たしてまいりました。この度、当社と有限会社ボティカは、両社の経営資源の相互活用、共同事業などを通じて、それぞれの事業の強化、拡充、発展を図るという方針で資本業務提携の基本合意書の締結を行うに至りました。具体的な内容につきましては、本基本合意書の締結を踏まえて両社間でさらに協議を進め、特に人材育成や店舗開発において協調体制を構築し、シナジー効果の早期実現を図れるよう努める所存であります。2.業務提携の内容業務に関する提携の内容は以下のとおりであります。(1)人材について:人材の採用や育成に関するノウハウの共有。(2)店舗開発(3)店舗運営(4)経営全般:M&Aや新規出店情報に関するノウハウの共有。:既存店舗の営業戦略に関する情報共有。:調剤薬局事業運営全般に関する情報交換。

3.資本提携(第三者割当増資引受)の内容(1)第三者割当増資引受の概要①引受価格:1株につき4,000,000円(予定):普通株式25株:100,000,000円(予定)②引受株式数③引受価額の総額

*本基本合意後に実施する財務調査により変更となる可能性があります。基本契約(資本業務提携)の締結時に算定根拠をお知らせいたします。(2)取得株式数、取得価格および取得前後の所有株式の状況①移動前の所有株式数②取得株式数③移動後の所有株式数:0株(保有割合0.00%):25株(取得価額100,000,000円(予定)):25株(保有割合33.33%)

*本基本合意後の交渉により変更となる可能性があります。基本契約(資本業務提携)の締結時に確定内容をお知らせいたします。4.有限会社ボティカの概要(平成22年3月末日現在)(1)商号(2)主な事業内容(3)設立年月(4)本店所在地(5)代表者(6)資本金の額(7)従業員数(8)売上高(9)発行済株式数有限会社ボティカ調剤薬局の経営平成4年1月北海道旭川市7条通21-16-2山本雅一5百万円17名719百万円(平成21年7月期)50株山本雅一山本夕紀子山本鈴子(11)当社との関係5.今後の日程平成22年4月22日取締役会決議基本合意書(資本業務提携)締結平成22年5月下旬(予定)基本契約(資本業務提携)締結平成22年6月上旬(予定)第三者割当による新株式発行の払込期日6.今後の見通し本提携が今期業績に与える影響は軽微であり、平成22年4月13日付「平成22年5月期第3四半期決算短信」にて公表した連結業績予想に変更はありません。以上60%20%20%


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120100422082153.pdf