2010-05-14 16:00:00

セカンドストリート特別損失の計上および業績予想との差異に関するお知らせ

平成22年5月14日各位会社名代表者名問合せ先株式会社セカンドストリート代表取締役社長久保幸司大証第2部)役尾﨑桂章取締

(コード7641

(TEL.048-669-0899)

特別損失の計上および業績予想との差異に関するお知らせ
平成22年3月期第4四半期において下記のとおり特別損失が発生するため、その概要をお知らせするとともに、平成21年11月5日の決算発表時に公表した平成22年3月期(平成21年4月1日~平成22年3月31日)の業績予想に差異が生じましたのでお知らせいたします。記1.特別損失の計上について①固定資産除却損8,683千円既存店舗のリニューアル等により発生した固定資産の除却に伴う損失であります。②減損損失332,918千円将来キャッシュフローによる回収可能性が低い直営店を対象とした固定資産等の減損損失であります。③店舗閉鎖損失10,867千円直営店の閉店等に伴う固定資産除却損、原状回復工事費用および商品廃棄損等であります。④店舗閉鎖損失引当金繰入177,137千円平成23年3月期の直営店舗閉店計画に伴う原状回復工事費用等の見積額であります。⑤新株予約権買取損63,758千円当社普通株式を目的とした新株予約権未行使分の処分に係る費用見積額であります。⑥リース解約損2,187千円店舗以外のリース資産の廃棄および契約期間満了に伴う解約等による損失であります。

2.業績予想の差異について(1)平成22年3月期連結業績予想数値との差異(平成21年4月1日~平成22年3月31日)営業収益営業利益経常利益当期純利益

(百万円)
前回発表予想(A)今回修正予想(B)増増減減額(B-A)率(%)20,79121,4856933.218,484

(百万円)

(百万円)

(百万円)

1株当たり当期純利益
円銭3,42553△4,592△8,0172376

807218△588△73.0653

703131△571△81.3549

431△578△1,009-359


2,95720

(ご参考)前期個別実績(平成21年3月期)

(2)平成22年3月期通期業績予想数値との差異(平成21年4月1日~平成22年3月31日)営業利益経常利益当期純利益営業収益
(百万円)(百万円)(百万円)(百万円)

1株当たり当期純利益
円銭3,21250△4,921△8,1348838-2,95720

前回発表予想(A)今回修正予想(B)増増減減額(B-A)率(%)

19,76419,176△587△3.018,484

715137△578△80.8653

61547△567△92.2549

404△619△1,023-359

(ご参考)前期実績(平成21年3月期)3.差異の理由

平成21年11月1日より当社の連結子会社となった株式会社フュージョンにおいて計画を超える出店を行ったことにより、連結売上高は計画を上回りました。連結営業利益および連結経常利益については、長引く経済環境の悪化による消費者の節約志向の影響を受けた需要の伸び悩み、客単価の下落に加え、買取能力向上のための教育研修費用の増加、市場認知度向上を目指した計画を上回る出店を推進したことなどにより販売管理費が増加したことから計画を下回りました。また、連結当期純利益は、「1.特別損失の計上について」にてお知らせしたとおり、減損損失、店舗閉鎖損失引当金繰入等を特別損失として計上することから、計画を大きく下回りました。よって、通期業期予想について上記のとおり差異が生じました。


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120100514007428.pdf