2010-06-16 15:00:00

4℃ホールディングス孫会社の解散及び清算、特別損失の計上に関するお知らせ

平成22年6月16日各位会社名株式会社F&Aアクアホールディングス代表者代表取締役社長木村祭氏
(コード番号8008東証第一部)

問合せ先取締役総務部長大木茂生
(TEL.03-5719-3429)

孫会社の解散及び清算、特別損失の計上に関するお知らせ

当社は、平成22年6月16日開催の取締役会において、以下のとおり、当社連結子会社である株式会社アスティの子会社である株式会社上田靴下の解散及び清算、及び平成23年2月期より「資産除去債務に関する会計基準」を当社グループで早期適用し、それに伴う影響額を特別損失として計上することを決議しましたので、お知らせいたします。1.孫会社の解散及び清算について株式会社上田靴下は、株式会社アスティ実用部門との連携による相乗効果を目的として平成16年に完全子会社化いたしましたが、厳しい事業環境下で業績不振が続いていることから、今後の事業継続が困難と判断し、当該会社の解散及び清算を決定いたしました。(1)解散する子会社の概要(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)名所事資設立業本年月在内称地容金日株式会社上田靴下広島県広島市西区商工センター二丁目15-1山田信正靴下の企画、製造、販売40百万円平成8年7月10日株式会社アスティ(当社100%子会社)100%

代表者の役職氏名

大株主及び持株比率

(2)解散及び清算の日程平成22年6月16日平成23年5月(予定)当社取締役会清算結了会社解散承認会社解散承認平成22年7月10日(予定)株式会社上田靴下臨時株主総会

2.「資産除去債務に関する会計基準」の早期適用による特別損失の計上について平成20年3月31日付「資産除去債務に関する会計基準」(企業会計基準第18号)及び同適用指針(企業会計基準適用指針第21号)の適用に伴い、期首時点で発生する影響額を特別損失に計上いたします。これは、当社グループの店舗及び賃貸不動産における、契約終了後の原状回復義務に係る費用等であります。資産除去債務に関する会計基準の早期適用に伴う特別損失の計上は約530百万円(連結)となります。

3.連結業績に与える影響当該孫会社の解散及び清算が、当社連結業績に与える影響は、繰延税金資産の繰り入れ等により、当期純利益が約370百万円増加する予定であります。また、資産除去債務に関する会計基準の早期適用に伴う特別損失の計上が約530百万円となりましたので、税効果適用後の当期純利益が約370百万円減少する予定であります。従いまして、平成22年4月12日に公表した平成23年2月期(平成22年3月1日~平成23年2月28日)の通期業績予想(連結)に変更はございません。

以上



情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120100616037674.pdf