2010-08-10 16:00:00

ビーアールホールディングス当社連結子会社に対する監督処分(営業停止処分)に関するお知らせ

平成22年8月10日各位会社名株式会社ビーアールホールディングス代表者名代表取締役社長藤田公康(コード番号1726東証第2部)問合せ先経理部長天津武史(TEL.082-261-2860)

当社連結子会社に対する監督処分(営業停止処分)に関するお知らせ
当社の連結子会社である東日本コンクリート株式会社は、平成22年8月9日付で、建設業法第28条第3項の規定に基づき、国土交通省東北地方整備局より、下記のとおり監督処分(営業停止処分)を受けましたのでお知らせします。本件は、東日本コンクリート株式会社が、福島県発注のプレストレストコンクリートによる橋

梁の新設工事の入札に関し、独占禁止法第3条(不当な取引制限の禁止)の規定に違反するものとし
て、平成22年5月26日付で同意審決となったことに基づくものであります。本件により関係各位に多大なるご心配とご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。また、当社グループは、この度の処分を厳粛に受け止め、コンプライアンスの一層の浸透に取り組み、信用の回復に努めてまいります。

記1.子会社の概要(1)名称(2)所在地(3)代表者(4)事業内容(5)資本金東日本コンクリート株式会社宮城県仙台市青葉区中央一丁目6番30号代表取締役社長木口秀光プレストレストコンクリート工事の設計、施工ほか1億円

2.停止を命じられた営業の範囲福島県内における土木事業に関する営業のうち、公共工事に係るもの又は民間工事であって補助金等の交付を受けているもの。

3.処分の期間平成22年8月24日から平成22年9月7日までの15日間

4.当期の業績への影響上記営業停止処分は福島県に限定されており、当期業績への影響は軽微なものと考えておりますので、現時点で業績見通しの変更は行いません。







情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120100810089345.pdf