2018-01-10 15:00:00

日本フイルコン平成29年11月期通期連結業績予想と実績との差異に関するお知らせ

平成30年1月10日
各位

会社名日本フイルコン株式会社
代表者名代表取締役社長名倉宏之
(東証第一部コード番号5942)
問合せ先常務取締役管理経営企画管掌
兼管理本部長兼経営企画室長
齋藤芳治
(TEL042−377−5711)



平成29年11月期通期連結業績予想と実績との差異に関するお知らせ


平成29年4月3日に発表いたしました平成29年11月期通期(平成28年12月1日∼平成29年11月30
日)の連結業績予想と、本日公表の同実績に差異が生じましたので下記のとおりお知らせいたします。





1.平成29年11月期通期連結業績予想と実績との差異
(平成28年12月1日∼平成29年11月30日)

親会社株主に
1株当たり
売上高営業利益経常利益帰属する
当期純利益
当期純利益
百万円百万円百万円百万円円 銭

前回発表予想(A)28,0001,4501,5501,90089.95

今回実績(B)28,3791,7722,0272,254102.49

増減額(B−A)379322477354−

増減率(%)1.4%22.2%30.8%18.6%−
(ご参考)前期実績
27,2631,8951,9431,66175.51
(平成28年11月期)



(通期連結業績予想と実績との差異の理由)
平成29年11月期の当社グループの業績は、経常利益が前回発表を大きく上回る結果となりました。
主に退職給付費用の減少や経費節減による営業利益の増加と、受取配当金や持分法による投資利益等の
営業外収益の増加によります。一部の連結子会社は退職給付費用の算定に簡便法を採用しており、年金
資産の運用が予想に比べ好調に推移いたしました。



以上


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120171225442302.pdf