2018-01-11 16:00:00

ファーマライズホールディングス平成30年5月期第2四半期(累計)連結業績予想値の修正に関するお知らせ

平成30年1月11日
各位
会社名ファーマライズホールディングス株式会社
代表者名代表取締役執行役員社長岩﨑哲雄
(東証第一部コード番号2796)
問合せ先専務取締役執行役員秋山昌之
(TEL.03―3362―7130)



平成30年5月期第2四半期(累計)連結業績予想値の修正に関するお知らせ


当社は、最近の業績動向を踏まえ、平成29年7月14日に公表しました平成30年5月期第2四半期(累計)業
績予想を下記のとおり修正いたしましたので、お知らせいたします。
なお、同日に公表しました平成30年5月期通期業績予想につきましては、修正はございません。



1.平成30年5月期第2四半期(累計)連結業績予想数値の修正(平成29年6月1日~平成29年11月30日)
親会社株主
1株当たり
売上高営業利益経常利益に帰属する
四半期純利益
四半期純利益
百万円百万円百万円百万円円銭
前回発表予想(A)
27,300475410859.40
今回修正予想(B)27,23258452614816.41
増減額(B-A)△6710911663
増減率(%)△0.2%23.0%28.4%74.5%
(ご参考)前期実績
25,236171122△111△12.39
(平成29年5月期第2四半期)


2.修正の理由
当社グループは中期経営計画の基本方針に沿い、選ばれる「かかりつけ薬局薬剤師」となるための
施策について引き続き推進してまいりました。その結果、売上高につきましては概ね計画どおり推移い
たしました。
一方で利益面につきましては、調剤薬局事業において当第2四半期連結累計期間における処方せん単
価(技術料、薬剤料)が想定に対し好調だったこと、及び経費抑制の効果等を主な要因として、営業利
益は計画を上回る水準となりました。
これに伴い、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益も発表いたしました業績予想数値を上回る
水準となりましたので、平成30年5月期第2四半期(累計)業績予想を修正いたします。

以上


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120180111449056.pdf