2018-01-12 15:30:00

テクノプロホールディングス当社連結子会社による株式会社プロビズモの普通株式取得(当社の孫会社化)に関するお知らせ

2018年1月12日
各位
会社名テクノプロホールディングス株式会社
代表者名代表取締役社長兼CEO西尾保示
(コード番号:6028東証第一部)
問合せ先取締役兼CFO佐藤博
(TEL.03-6385-7998)



当社連結子会社による株式会社プロビズモの普通株式取得(当社の孫会社化)
に関するお知らせ

当社及び当社連結子会社である株式会社テクノプロ(以下「テクノプロ」といいます。)は、2018年1月12日付会
社法第370条に基づく取締役会決議に替わる書面決議において、株式会社プロビズモ(以下「対象会社」といいま
す。)の発行済普通株式の100%をテクノプロが取得し子会社化(当社の孫会社化)することを決議いたしましたの
で、下記のとおりお知らせいたします。





1.株式の取得の理由


当社は、2017年7月31日に公表した新中期経営計画における成長戦略の一つとして高付加価値化の推進を掲げており
ます。当該戦略の鍵は、請負受託領域を拡大することで、より高度なソリューションをお客様に提供すると共に、請
負受託プロジェクトを通じてエンジニアの能力を向上する点にあります。


対象会社は約120名のエンジニアを擁し、東京島根鳥取大阪を拠点にIT分野における請負受託事業を展開して
おり、

Ruby,Java等によるWebアプリケーション開発能力とRPA1分野のコンサルティング実績
約20名のプロマネによる元請案件での受託開発力とソリューション提案力
山陰拠点を活かしたニアショア開発及びITインフラ構築のノウハウ

といった強みを有しています。

当社は、本件株式取得により、IT分野エンジニ■当社グループの成長戦略
ア派遣事業の顧客基盤と人材採用基盤を活用し、
[コア事業のプロセス]
既存の当社IT開発センターとの連携を進めること
により、ニアショアを活かしたWebアプリケーショ採用人材配属本件買収
開発の効果
ンの請負受託開発を拡大することを企図しており
ます。当社は「技術を核としたグローバル人材
①コア(技術者派遣)事業の安定的成長
サービス企業」に向けて成長を推進し、更なる企
業価値の向上を目指してまいります。コア事業の知見、
及び顧客技術者との接点
を活かした多角化


②高付加価値化の推進✔
③グローバル化の推進


④IT技術を活用したプラットフォーム化



1
RPA:ロボティックプロセスオートメーション。人口知能機械学習等を活用した、ホワイトカラー業務を代行効率化する仕組み。



-1-
2.株式会社テクノプロの概要


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120180111449114.pdf