2018-01-12 15:35:00

日本プラスト第三者割当による自己株式の処分における処分株式数の確定に関するお知らせ

平成30年1月12日
各位
会社名日本プラスト株式会社
代表者名代表取締役社長永野博久
(コード番号7291東証第一部)
問合せ先総務部長林田利弘
(℡0544-58-6830)




第三者割当による自己株式の処分における処分株式数の確定に関するお知らせ

平成29年12月1日開催の当社取締役会において決議いたしました第三者割当による自己株式の処
分に関し、割当先より処分予定株式数の全部につき申込みを行う旨通知がありましたので、下記のと
おりお知らせいたします。



1.処分株式数475,000株
(処分予定株式数475,000株)
2.払込金額の総額462,792,500円
(1株につき974.30円)
3.申込期間(申込期日)平成30年1月16日(火)
4.払込期日平成30年1月17日(水)

<ご参考>
1.上記の第三者割当による自己株式処分は、平成29年12月1日開催の当社取締役会において、公
募による自己株式の処分(一般募集)及び当社株式の売出し(オーバーアロットメントによる売出
し)と同時に決議されたものであります。当該第三者割当による自己株式処分の内容等については
平成29年12月1日付の「自己株式の処分及び株式売出しに関するお知らせ」及び平成29年12月
11日付の「処分価格及び売出価格等の決定に関するお知らせ」をご参照ください。

2.今回の第三者割当による自己株式の処分による自己株式数の推移
現在の自己株式数482,797株(平成30年1月12日現在)
第三者割当による処分株式数475,000株
第三者割当後の自己株式数7,797株

3.今回の調達資金の使途
上記の第三者割当による自己株式の処分に係る手取概算額461,992,500円については、当該第三者
割当による自己株式の処分と同日付をもって決議された一般募集の手取概算額3,088,102,500円と合
わせ、手取概算額合計3,550,095,000円について、平成30年3月末までに全額を当社における借入金
の返済に充当する予定であります。なお、実際の充当時期までは、安全性の高い銀行預金等にて運用
する予定であります。
今回の資金調達の目的としては、以下のとおりです。
当社グループは、内外装樹脂事業(プラスチック)と安全事業(ハンドルエアバッグ)を経営の両

ご注意:この文書は、当社の第三者割当による自己株式の処分の結果に関して一般に公表するための記者発表文であり、投資勧誘を目的として
作成されたものではありません。


-1-
輪とし、開発設計から金型設備手配、部品生産までを一貫して行うことで、グローバル展開してお
ります。
そうした中、当社グループの主要取引先である自動車メーカーにおいては、各国の市場動向、需要
地と生産地のバランス等を考慮し、海外での現地生産を拡大するとともに、各仕向地ニーズに適合し


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120180112449814.pdf