2018-01-12 16:30:00

旭化学工業平成30年8月期第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

旭化学工業(株)7928平成30年8月期第1四半期決算短信

○添付資料の目次
 
1.当四半期決算に関する定性的情報2
(1)経営成績に関する説明2
(2)財政状態に関する説明2
(3)連結業績予想などの将来予測情報に関する説明2
2.四半期連結財務諸表及び主な注記3
(1)四半期連結貸借対照表3
(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書5
四半期連結損益計算書 
第1四半期連結累計期間5
四半期連結包括利益計算書 
第1四半期連結累計期間6
(3)四半期連結財務諸表に関する注記事項7
(継続企業の前提に関する注記)7
(株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記)7
(会計方針の変更会計上の見積りの変更修正再表示)7
(セグメント情報)7
 




-1-
旭化学工業(株)7928平成30年8月期第1四半期決算短信

1.当四半期決算に関する定性的情報
(1)経営成績に関する説明
当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、政府による景気対策を背景に緩やかな回復基調が続く一方、
海外の不安定な政治動向や地政学的リスクの影響が懸念され、依然として先行き不透明な状況が続いております。
当社グループを取り巻く環境は、電動工具業界におきましては、国内外において販売が堅調に推移し、為替レー
トが円安基調となったことから増収となりました。自動車業界におきましては、北米やアジアを中心に販売が減少
し、減収となりました。
この結果、当第1四半期連結累計期間における業績は、売上高20億80百万円(前年同四半期比34.9%増)、営業
利益44百万円(前年同四半期は営業利益3百万円)、経常利益41百万円(同154.9%増)、親会社株主に帰属する
四半期純利益13百万円(同9.5%増)となりました。
セグメントの業績は、次のとおりであります。
①日本
国内は、電動工具部品については受注が増加しましたが、自動車部品については受注が減少し、売上高は


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120171219438394.pdf