2018-06-08 15:00:00

川金ホールディングス当社株券等の大量買付行為への対応策(買収防衛策)の継続に関するお知らせ

平成30年6月8日
各位
会社名株式会社川金ホールディングス
代表者名代表取締役社長鈴木信吉
(コード番号5614東証第二部)
問合せ先取締役経営管理部長青木満
(TEL.048-259-1111)




当社株券等の大量買付行為への対応策(買収防衛策)の継続に関するお知らせ


当社は、平成21年5月15日開催の当社取締役会及び平成21年6月26日開催の第1回定時株主総
会において、当社株券等の大量買付行為への対応策を導入することにつき、更に平成24年6月28日
開催の第4回定時株主総会及び平成27年6月29日開催の第7回定時株主総会において、同対応策を
継続することにつき、ご承認をいただいておりますが(以下、直近承認に際して修正を経た対応策を
「原プラン」といいます。、原プランの有効期間は、平成30年3月期の定時株主総会の終結の時まで

とされております。
そこで、原プランの有効期間満了に先立ち、当社は、関連法令の改正等の動向及び昨今の買収防衛
策に関する議論の進展等を踏まえて更なる検討を加え、平成30年6月8日開催の当社取締役会におい
て、平成30年6月28日開催予定の第10回定時株主総会(以下「本定時株主総会」といいます。)に
おける株主の皆様のご承認を条件に、下記のとおり、まず、原プランを基礎づけていたところを承継
して、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針(以下「基本方針」
といいます。、及び基本方針の実現に資する特別な取り組みを定めるとともに、基本方針に照らして

不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための取組みを、
原プランを内容において変更せず継続導入することに決定いたしましたのでお知らせいたします(こ
の決定にかかる株式の大量買付行為への対応策(買収防衛策)を、以下「本プラン」といいます。。

なお、上記を決定した取締役会においては、当社取締役全員が出席し、本プランの継続につき、取締
役の全員一致で承認可決がなされております。また、当社監査役全員が同取締役会に出席の上、いず
れも本プランの具体的運用が適正に行われることを条件として、本プランの継続に異議がない旨の意
見を述べております。





Ⅰ当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針


当社は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者は、当社の企業価値の源泉を理解し、当
社の企業価値ひいては当社の株主共同の利益(以下、単に「企業価値株主共同の利益」といいま
す。)を継続的かつ持続的に確保、向上していくことを可能とする者であるべきものと考えておりま
す。上場会社である当社の株券等は、株主、投資家の皆様による自由な取引が認められており、当
社株券等に対する大量買付行為またはこれに類似する行為があった場合においても、一概に否定す


1
るものではなく、最終的には株主の皆様の自由な意思により判断されるべきであると考えます。


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120180607459553.pdf