2018-06-08 15:00:00

コミットメントライン及び極度借入枠の設定に関するお知らせ

2018年6月8日
各位

不動産投資信託証券発行者名
東京都港区南青山一丁目1番1号
アクティビアプロパティーズ投資法人
代表者名執行役員村山和幸
(コード:3279)
資産運用会社名
東急不動産リートマネジメント株式会社
代表者名代表取締役遠又寛行
問合せ先アクティビア運用本部
村山和幸
運用戦略部長
(TEL.03-6804-5671)



コミットメントライン及び極度借入枠の設定に関するお知らせ

アクティビアプロパティーズ投資法人(以下「本投資法人」といいます。)は、本日、下記
のとおり、コミットメントライン及び極度借入枠の設定をいたしましたので、お知らせいたしま
す。






Ⅰ.コミットメントラインの設定

1.設定の理由

将来において資産を購入する等資金調達の必要性が生じた場合に備えて、機動的かつ安定
的な資金調達手段を確保するため。
なお、本コミットメントラインの設定は、現在、三井住友信託銀行株式会社、株式会社み
ずほ銀行及び株式会社三菱UFJ銀行と締結している借入極度額120億円のコミットメント
ライン契約が2018年6月12日に期間満了することに伴い設定するものです。本投資法人は、本
コミットメントラインとは別に三井住友信託銀行株式会社、株式会社みずほ銀行及び株式会
社三菱UFJ銀行との間で借入極度額80億円のコミットメントラインを設定しており、本コ
ミットメントラインと合わせた借入極度額の合計額は200億円となります。



2.設定の内容

(1)契約締結先:三井住友信託銀行株式会社、株式会社みずほ銀行、株式会社三菱UFJ銀行
(2)借入極度額:計120億円(各行40億円)
(3)契約締結日:2018年6月8日
(4)契約期間:2018年6月13日から2019年6月12日
(5)担保:無担保無保証




1
Ⅱ.極度借入枠(アンコミットメントベース)の設定

1.設定の理由

将来において資産を購入する等資金調達の必要性が生じた場合に備えて、機動的かつ安定
的な資金調達手段を確保するため。
なお、本極度借入枠の設定は、現在、三井住友信託銀行株式会社、株式会社みずほ銀行及
び株式会社三菱UFJ銀行と締結している借入極度額120億円の極度ローン基本契約が2018
年6月12日に期間満了することに伴い設定するものです。



2.設定の内容

(1)契約締結先:三井住友信託銀行株式会社、株式会社みずほ銀行、株式会社三菱UFJ銀行
(2)借入極度額:計120億円(各行40億円)
(3)契約締結日:2018年6月8日
(4)契約期間:2018年6月13日から2019年6月12日
(5)担保:無担保無保証



Ⅲ.その他

本件コミットメントライン及び極度借入枠の設定に関わるリスクに関して、2018年2月27日
に提出した有価証券報告書記載の「投資リスク」に記載の「②投資法人の組織及び投資法人制度


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120180608460715.pdf