2018-06-08 15:15:00

梅の花新株式発行及び自己株式の処分並びに株式売出しに関するお知らせ

平成30年6月8日
各位
会社名株式会社梅の花
代表者名代表取締役会長兼社長梅野重俊
(コード番号7604東証第二部)
問合せ先取締役執行役管理本部長
上村正幸
(TEL0942-38-3440)




新株式発行及び自己株式の処分並びに株式売出しに関するお知らせ

当社は、平成30年6月8日開催の取締役会において、新株式発行及び自己株式の処分並びに当社株
式の売出しに関し、下記のとおり決議いたしましたので、お知らせいたします。

【本資金調達の背景と目的】
当社グループは食と文化の融合をテーマに、主にくつろぎと安らぎを提供する「湯葉と豆腐の店梅
の花」及び「和食鍋処すし半」の外食事業と、巻き寿司いなり等の販売店「古市庵」及び和惣菜
お弁当の販売店「梅の花」のテイクアウト事業の店舗展開をそれぞれ行い、グループ合計で286店舗(平
成30年3月31日現在)となりました。
外食事業におきましては、出店先の立地条件、賃貸条件及び店舗の採算性を勘案したうえで、顧客分
布や商圏分析に基づき、未出店エリアのみならず認知度を上げることを目的とした出店候補地選定を
行っております。また、従来とは異なるタイプの店舗や新規業態の出店に取組んでおります。
テイクアウト事業におきましては、百貨店や駅ビル、乗降客数の多い駅近隣及び大手ショッピング
センター等への新規出店を行い、季節毎や毎月のイベントに合わせた販売促進企画の実施により売上
向上に努めております。
また、自然災害等に対するリスクの分散及び中長期的な出店並びに物流の効率化を見据えた新セン
トラルキッチン(京都府綴喜郡井手町)の建設に着手し、平成30年8月の稼動に向け準備を進めており
ます。
当社グループは、企業規模の拡大や業務効率の向上等を見据え、M&Aや業務提携等も視野に成長戦略
を進めております。平成28年10月に株式会社丸平商店、ヤマグチ水産株式会社、株式会社グッドマーク
トレーディングの3社を子会社化、平成28年11月に株式会社フジオフードシステムとの資本業務提携、
平成29年4月に株式会社すし半を子会社化しております。
今般の新株式発行及び自己株式の処分による資金調達は、主に今期から再来期にかけての外食事業、
テイクアウト事業の新規出店、既存店の改装改築への設備投資資金、及び新セントラルキッチン(京
都セントラルキッチン)建設の一部資金充当、並びに借入金返済を目的としております。
これにより当社グループの収益力の更なる向上を図るとともに、自己資本の充実による当社事業の
持続的な成長の実現に向けた財務基盤の強化が可能であり、当社の企業価値向上が株主の皆様へ寄与
するものと考えております。
また、従来より当社の株主様は当社グループの店舗をご利用頂くお客様であると認識し、事業拡大
を通じて満足度向上に努め、今般の新株式発行及び自己株式の処分による株主層の拡大は、当社グル
ープの各店舗のファン層を拡大し、お客様の増加に繋がるものと考えております。


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120180608460834.pdf