2018-06-09 15:00:00

マルマエ平成30年5月度月次受注残高についてのお知らせ

平成30年6月9日

各位

会社名株式会社マルマエ
代表者名代表取締役社長前田俊一
(コード番号:6264東証第二部)
問合せ先取締役管理本部長藤山敏久
(TEL.0996-64-2900)


平成30年5月度月次受注残高についてのお知らせ

当社は、投資家をはじめとするステークホルダーの方々に、より正確に当社を理解していただ
くために、自社情報のタイムリーディスクロージャーを推進しておりますが、その一環として、
下記のとおり平成30年5月度の月次受注残高を開示いたします。




1.月次受注残高(百万円未満切捨て)
区分受注残高割合対前月増減率対前年同月増減率
半導体分野78567.9%△3.5%26.5%
FPD分野36031.2%△0.4%68.5%
その他分野100.9%55.5%△56.9%
合計1,156100.0%△2.2%34.6%

2.月次受注残高の推移(百万円未満切捨て)
区分H29.6月7月8月9月10月11月
半導体分野564539551567552655
FPD分野278318268258283213
その他分野23605313
合計866864820831839882

区分12月H30.1月2月3月4月5月
半導体分野646730774788814785
FPD分野229306311323362360
その他分野161967610
合計8921,0561,0921,1191,1831,156




-1-
3.月次受注残高の概況
平成30年5月末の受注残高は、半導体分野においては、出荷検収は順調に推移しながらも、受注
において若干の調整があったことから、対前月増減率は3.5%減、対前年同月増減率では26.5%増
の785百万円となりました。なお、半導体分野の受注調整は、当社工程の前後工程を担当する企業
の一時的な能力不足に起因するものであり、6月中には解消する見通しです。FPD分野において
は、出荷検収と受注は高水準を維持し、対前月増減率は0.4%減、対前年同月増減率では68.5%増
の360百万円となりました。その他分野においては、おもだった動きはありませんでした。
これらの結果、平成30年5月末の受注残高は、対前月増減率2.2%減、対前年同月増減率34.6%
増の1,156百万円となりました。
今後の見通しにつきましては、半導体分野では、新事業所(出水事業所)の設備増強による生産
力拡大を見込んだ引き合いや、試作品受注が増加しており、多少の山谷はありながらも、段階的な
受注増加が見込まれます。また、中長期的にも半導体市場は拡大する見通しであることから、一部


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120180609461404.pdf