2018-06-11 15:30:00

積水ハウス株主からの提訴請求への対応について

平成30年6月11日
各位
上場会社名積水ハウス株式会社
代表者氏名代表取締役社長仲井嘉浩
(コード番号1928東証名証市場第一部)

本社所在地大阪市北区大淀中一丁目1番88号
問合せ先
責任者役職名IR部長
氏名吉田篤史
TEL(06)6440-3111




株主からの提訴請求への対応について


当社は、平成30年4月20日付「同一株主からの提訴請求について」においてお知らせしました
通り、平成30年4月20日に個人株主の方より当社監査役宛に取締役の責任追及等の訴えに関する
提訴請求書を受領しておりました。
本提訴請求は、代表取締役稲垣士郎についても、分譲マンション用地取引での巨額詐欺事件に
よる55億5,900万円の損害について、業務執行上の判断の誤り及び他の取締役使用人に対する
監督監視を怠ったという任務懈怠があり、当社に対する善管注意義務忠実義務違反があるとして、
先に提訴請求がなされた代表取締役阿部俊則と連帯して同額の損害賠償並びに遅延損害金の支払
いを求める責任追及等の訴えの提起を求めるものです。
当社監査役会は、上記提訴請求を受け、平成30年4月23日監査役会の下に社内対応チームを設
置し、外部弁護士に調査を委嘱してその意見を徴した上で、同年6月8日に監査役会を開催し、対
応方針について協議いたしました。その結果、当社の全監査役は、稲垣代表取締役に対して、損害
賠償請求訴訟を提起しないことといたしました。
本日、岩田常任監査役から稲垣代表取締役宛に、その旨の報告を受けましたので、お知らせいた
します。
なお、当社は、上記詐欺事件による損害の発生を重く受け止め、経営幹部自ら、部署間連携の更
なる推進を図り、リスク対応への意識改革を強力に推し進めてまいります。


以上


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120180611461895.pdf