2018-06-12 15:00:00

リンガーハット譲渡制限付株式報酬としての自己株式の処分に関するお知らせ

平成30年6月12日
各位


会社名株式会社リンガーハット
代表者名代表取締役社長秋本英樹
(コード:8200、東証第1部)
問合せ先取締役管理部担当
小田昌広
(TEL.03-5745-8611)


譲渡制限付株式報酬としての自己株式の処分に関するお知らせ


当社は、平成30年6月12日開催の取締役会において、以下のとおり、譲渡制限付株式
報酬として自己株式の処分を行うことについて決議しましたので、お知らせいたします。


1.自己株処分の概要
(1)処分期日平成30年7月12日
(2)処分する株式の種類当社普通株式2,217株
及び数
(3)処分価額1株につき2,659円
(4)処分総額5,895,003円
(5)割当ての対象者及びそ当社取締役7名1,841株
の人数並びに割り当てる当社子会社取締役2名376株
株式の数


2.処分の目的及び理由
当社は、平成30年6月12日開催の取締役会において、当社及び当社子会社の取締役(以
下「割当対象者」といいます。
)に、当社の企業価値の持続的な向上を図るインセンティブ
を与えるとともに、株主の皆様との一層の価値共有を進めることを目的として、割当対象
者に対し、譲渡制限付株式報酬制度(以下「本制度」といい、本制度に基づき交付される
譲渡制限付株式を「本株式」といいます。)を導入することを決議いたしました。また、平
成29年5月24日開催の当社第53期定時株主総会において、本制度に基づき、社外取締役
を除く取締役向けに譲渡制限付株式の付与のため、年額50百万円以内の金銭報酬債権とし
て支給することをご承認いただいております。


3.株式割当契約の概要
本株式にかかる譲渡制限付株式割当契約の主な内容は次のとおりであり、議決権、配当
等については、当社普通株式と同一の内容です。
なお、今回の金銭報酬債権の規模、ならびに譲渡制限期間(2年)の設定については、
平成29年5月24日開催の定時株主総会のご承認を受け、取締役会において決定された「譲
渡制限付株式報酬規程」の割当基準に基づき、当制度の目的を踏まえて相当な額、及び期
間として設定したものであります。


(1)譲渡制限期間
割当対象者は、払込期日(平成30年7月12日)から平成32年7月12日までの間、
割当を受けた譲渡制限付株式について譲渡、担保権の設定、担保権設定の予約、そ
の他の処分を行うことができません。本株式の譲渡制限性を保つため、当社が予め
指定する金融商品取引業者に割当対象者名義の譲渡制限付株式専用の口座を設け、
譲渡制限期間中、他の割当対象者名義の株式と分別管理いたします。
(2)譲渡制限の解除条件
割当対象者が継続して、当社又は当社の子会社の取締役の地位にあったことを条件
として、本譲渡制限期間が満了した時点、即ち譲渡制限期間解除日である平成32
年7月12日の到来をもって譲渡制限を解除します。


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120180612462648.pdf