2018-06-13 15:00:00

岡本工作機械製作所2018年3月期決算説明会資料

2018年3月期決算説明会資料
2018年6月13日
目次



Ⅰ.当社の概要、当社の特徴

Ⅱ.2018年3月期決算概況

Ⅲ.2019年3月期業績予想

Ⅳ.中期経営計画と進捗状況




2



当社の概要、当社の特徴



3
世界唯一の総合砥粒加工機メーカー
会社概要
会社名株式会社岡本工作機械製作所
英文OkamotoMachineToolWorks,Ltd.

創業大正15年11月
設立昭和10年6月
資本金48億8051万円
本社所在地〒379-0135群馬県安中市郷原2993番地
【各種研削盤半導体関連装置の製造販売】
事業内容研削盤(平面成形円筒内面歯車周辺機器)
半導体関連装置(グラインディングポリッシングラッピングスライシング)

従業員数連結:約1,950名単体:387名※2018年3月末現在




4
沿革
大正15年(1926年)岡本覚三郎が岡本専用工作機械製作所を創業
昭和5年(1930年)国産初の歯車研削盤ASG-2型を完成
昭和10年(1935年)㈱岡本工作機械製作所創立
昭和28年(1953年)国産初の平面研削盤PSG-6型完成




昭和30年(1955年)国産初の外周刃スライシングマシンPSG-3GE型を完成
昭和38年(1963年)東京証券取引所市場第二部上場
昭和43年(1968年)世界初のCNC成形研削盤NFG-5型を完成
創業者岡本覚三郎
昭和47年(1972年)米国に、オカモトコーポレーション設立
昭和48年(1973年)シンガポール工場完成
昭和57年(1982年)群馬県安中市に安中工場完成
昭和61年(1986年)タイ工場完成
平成4年(1992年)ドイツに、オカモトヨーロッパ設立
平成8年(1996年)半導体事業本部を設立
全自動立型高精度平面研削盤の開発で日本機械学会技術賞受賞
平成9年(1997年)
全自動高精度高能率CMP装置の開発で砥粒加工学会技術賞受賞
平成12年(2000年)高精度成形研削盤UPZシリーズを完成
平成13年(2001年)スキャニングポリシャーGNX300Pを完成
平成14年(2002年)中国上海に駐在員事務所開設
平成16年(2004年)超精密平面研削盤UPGシリーズ発売開始
平成24年(2012年)本社を群馬県安中市(安中工場)に移転
平成28年(2016年)Si貫通電極ウェーハ全自動化薄化装置JST課題採択


5
国内拠点、海外拠点

OkamotoMachineTool
EuropeGmbHOkamotoMachinery
(Changzhou)Co.,Ltd.
BirminghamSalesOffice
OkamotoCorporation
DalianSalesOffice
HerfordSalesOffice(D)
Louisville,KYSalesOffice
ShenzhenSalesOfficeShanghaiSalesOffice
Windsor,CTSalesOffice
Okamoto(Thai)SliconValley(S.E.D)SalesOffice
CompanyLtd.
SantaFeSpring,CASalesOffice




Okamoto(Singapore)仙台営業所
Pte,Ltd.
富山営業所

名古屋営業所本社/安中工場


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120180612462871.pdf