2018-06-13 15:00:00

日野自動車支配株主等に関する事項について

平成30年6月13日


各位


会社名日野自動車株式会社
代表者名取締役社長下義生
(コード番号7205東証名証第1部)
問合せ先渉外広報部広報室上野仁
(TEL042-586-5494)



支配株主等に関する事項について
当社の親会社であるトヨタ自動車株式会社について、支配株主等に関する事項は以下のとおりです。


a親会社の商号等
(平成30年3月31日現在)

議決権所有割合(%)発行する株券が上場されている金
名称属性
融商品取引所等
直所分
接有合対分
算象計
株式会社東京証券取引所
トヨタ自動株式会社名古屋証券取引所
親会社50.20.150.3
車㈱ニューヨーク証券取引所(米国)
ロンドン証券取引所(英国)




b親会社等の企業グループにおける上場会社の位置付けその他の上場会社と親会社等との関係


①親会社等の企業グループにおける上場会社の位置付け、親会社等やそのグループ企業との取
引関係や人的資本的関係

トヨタ自動車㈱は当社議決権の50.3%を所有する親会社です。当社は親会社からラン
ドクルーザープラド、FJクルーザー等の生産を受託するとともに、トヨタグループの商用
車メーカーとして小型トラックの開発生産を行っております。また、当社海外製造子会社
は、親会社グループ企業との間で、ユニット部品の供給や、小型トラックの受託生産を行
っております。親会社の企業グループに対する売上比率は28%となっております。また、
親会社より資金調達を行っております。
その概要は以下の通りです。
親会社からの借入額:898億円(前年度末255億円)
②親会社等の企業グループに属することによる事業上の制約、リスクおよびメリット

トヨタ自動車㈱は当社議決権の50.3%を所有しており、事業活動を行う上での承認事
項はありますが、円滑な意思疎通を図っており、当社が意思決定を行う上で制約となるもの
ではありません。

③親会社等からの一定の独立性の確保に関する考え方およびそのための施策

当社はトヨタグループの商用車メーカーであり、親会社の企業グループの中で明確な棲み分
けがなされております。また、親会社より資金調達を行っておりますが、当社の事業活動の独
立性に影響を与えるものではないと考えております。

④親会社等からの一定の独立性の確保の状況(理由を含む)

当社はブランドビジネス(日野ブランド)を有しており、売上比率は72%を占めており
ます。日野ブランドビジネスにおいては、当社独自の商品企画、研究開発、調達、製造、販
売活動を行っており、親会社の企業グループから独立性が確保されていると考えております。


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120180613463491.pdf