2018-06-13 18:00:00

ビジョナリーホールディングス通期連結業績予想の修正および特別損失(減損損失)の計上、繰延税金資産の計上に関するお知らせ

平成30年6月13日

各位
会社名株式会社ビジョナリーホールディングス
代表者名代表取締役社長星﨑尚彦
(JASDAQコード9263)
問合せ先
役職氏名取締役執行役員CFO三井規彰
電話03-6453-6644(代表)


通期連結業績予想の修正

および特別損失(減損損失)の計上、繰延税金資産の計上に関するお知らせ


最近の業績動向を踏まえて、平成29年11月1日に公表した業績予想を下記のとおり修正いたしました
のでお知らせいたします。また、特別損失(減損損失)及び繰延税金資産を計上いたしますので、あわせ
てお知らせいたします。



1.平成30年4月期通期連結業績予想数値の修正(平成29年5月1日~平成30年4月30日)
親会社株主
1株あたり
売上高営業利益経常利益に帰属する
当期純利益
(百万円)(百万円)(百万円)当期純利益
(円銭)
(百万円)
前回発表予想(A)20,6307006002301.64
今回修正予想(B)21,7767015737113.96
増減額(B-A)1,1461△27481
増減率5.6%0.2%△4.5%209.2%
(ご参考)※
17,8924223361100.39
平成29年4月期実績
※当社は、平成29年11月1日に単独株式移転により設立されたため、株式会社メガネスーパー
の実績となります。

2.修正の理由
通期の連結業績予想につきましては、当社グループが掲げるアイケアを更に拡充先鋭化させ、店
内装飾を上質かつパーソナルな空間を確保した店舗レイアウトにより、安心して検査やお悩みをご相
談いただけるよう配慮した「次世代型店舗」に一部店舗をリニューアルした効果、並びに眼の健康寿
命延伸に繋がるアイケアサービスの普及啓発活動の効果と相俟って、眼鏡等小売事業が好調に推移
した結果、売上高は前回発表予想を上回る見込みです。
利益面では、販売費及び一般管理費については概ね計画通りに進捗し、営業利益については前回発
表予想通りの結果となる見込みですが、経常利益につきましては平成30年2月に実施いたしました




1
リファイナンスに伴う一時費用63百万円を計上したことにより、前回発表予想より27百万円下回る
見込みです。また、下記「4.繰延税金資産の計上について」に記載のとおり、回収可能性のある繰
延税金資産を計上したこと等により、親会社株主に帰属する当期純利益は前回発表予想を481百万円
上回り711百万円となる見込みです。

3.特別損失(減損損失)の計上について
「固定資産の減損に係る会計基準」に基づき、当社の連結子会社が保有する不動産等一部の固定資


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120180613463317.pdf