2018-12-03 15:00:00

広島銀行iBank事業参画に関する資本業務提携について~スマートフォンアプリ「Wallet+(ウォレットプラス)」の提供を通じたデジタルマーケティング高度化~

2018年12月3日
各位
会社名株式会社広島銀行
代表者取締役頭取部谷俊雄
本社所在地広島市中区紙屋町一丁目3番8号
(コード番号8379東証第一部)
問合せ先総合企画部長横見真一
(TEL.082-247-5151)

会社名株式会社ふくおかフィナンシャルグループ
代表者取締役社長柴戸成
本社所在地福岡市中央区大手門一丁目8番3号
(コード番号8354東証第一部、福証)
問合せ先経営企画部長藤井雅博
(TEL.092-723-2502)


iBank事業参画に関する資本業務提携について
∼スマートフォンアプリ「Wallet+(ウォレットプラス)」の提供を通じたデジタルマーケティング高度化∼



株式会社広島銀行(代表取締役頭取部谷俊雄、以下:広島銀行)と株式会社ふくおかフィナンシャルグループ
(代表取締役社長柴戸成、以下:FFG)傘下のiBankマーケティング株式会社(代表取締役社長永吉
健一、以下:iBank社)とは、2018年8月8日付にてiBank事業への参画に向けた協議を開始する旨の基本合意を
発表し、両社で協議を進めてまいりましたが、10月31日付でiBank事業への参画に関する契約を締結し、広島銀行は
正式にiBank社が提供するスマートフォンアプリ「Wallet+(ウォレットプラス)」の導入を決定いたしました。
さらに両社はFinTechサービスの連携による新たな価値の共創を目指し、11月29日付でiBank事業への参画に関する
資本業務提携に正式合意いたしましたので、お知らせいたします。

本合意により、両社はiBank社が運営するスマートフォン専用アプリ『Wallet+』の導入に向けた共同開発に本格着手
することにより、スピーディーなサービス実装を実現いたします。広島銀行の口座保有者(個人)への『Wallet+』の
サービス提供により、金融と非金融、日常と非日常をシームレスに繋ぐ新しいマネーサービスの体験を提供すると共に、
『Wallet+』を通じたデジタルマーケティングの高度化について協同で取り組んでまいります。




1.『Wallet+』広島銀行の口座保有者向けサービス概要
(1)サービス開始時期:2019年春(予定)

(2)サービスご利用イメージ
アプリをダウンロード後、利用銀行を選択することで、各銀行の金融系機能がご利用頂けます。

①アプリダウンロード②アプリトップ③銀行選択




1
(3)サービス機能の概要
広島銀行での『Wallet+』展開にあたっては、来春時点までにリリースされている最新バージョンの機能を全て実装
し、これまでにない新しい金融サービスの利用体験をご提供してまいります。




(※)上記は現時点でのサービスイメージであり、現在福岡銀行の口座保有者に提供中の金融機能サービスを掲載しています。



2.本提携(正式合意)の主な内容
(1)iBank事業への参画および業務提携の内容
①スマートフォンアプリWallet+の利用者拡大に向けた施策の検討および実行


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181127441585.pdf