2018-12-03 15:30:00

アイロムグループ2019年3月期(第22期)第2四半期決算説明会

2019年3月期(第22期)
第2四半期決算説明会
2018年12月3日




株式会社アイロムグループ
本日の内容



1.事業活動の結果と今後の取り組みについて
2.2019年3月期(第22期)第2四半期決算概要
3.各事業概況
SMO事業CRO事業先端医療事業メディカルサポート事業

4.2019年3月期(第22期)業績予想と成長シナリオ




2
アイロムグループ概要
概要(2018年9月30日現在)所有者別株式分布

商号株式会社アイロムグループ
設立1997年4月9日
本社所在地東京都千代田区富士見2-10-2
飯田橋グランブルーム
代表取締役社長森豊隆
市場東京証券取引所第一部(コード:2372)

資本金35億15百万円個人その他(79.70%)その他国内法人(1.16%)
金融機関(6.63%)証券会社(2.27%)
従業員数連結:676名
外国人(10.12%)自己株式(0.12%)




3
2019年3月期(第22期)第2四半期事業活動の結果


2019年3月期“飛躍”に向け“進化し続ける”模倣困難な
(第22期)
中期計画★変革と革新★人材教育の徹底競争優位性の確立



売上高対前年同期21%増加、営業利益36%増加

主力事業であるSMO事業が好調:対前年同期売上30%増、営業利益41%増

中間配当普通配10円(期末普通配:10円、計20円を予定)

自己株式取得89,800株



4
変革と革新、教育の徹底による企業価値の向上2019年3月期(第22期)中期計画


主要事業の【変革と革新】
GCP改訂に伴う対応
●SMO事業:SMOを発進とするCRCCRAハイブリッド型総合
【変革と革新、教育の徹底が
高める価値】臨床開発支援企業への変革を成し遂げるーSMOCRO市場に変
革をもたらす
最新医療の臨床開発プロセスの支援に
求められるサービスに対応●国内臨床試験実施施設:確固たる品質基盤を有するFIH~
ニーズ対応力POCをトータルに支援する早期臨床試験実施施設へ革新する

人人技術力●CRO事業:ハイブリッド型CRO、先端医療実施のCROへ革新
総材材
合教評現場支援力する
力育価
力力品質『再生医療等の安全性の確保等に関する法律』の制定
による事業環境変化への対応
スピード
●先端医療事業:製造受託(GMPCPC)の拡大、遺伝子
模倣困難な競争優位性の確立治療細胞治療のパイプラインの充実、ライセンスアウト中国事業
の拡大により、国内外において当社コア技術のディファクトスタン
ダード化に挑む

5FIH(FirstInHuman)試験:治験薬をヒトに対して世界で初めて投与する試験


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181203444313.pdf