2018-12-04 17:55:00

メディネットArgosTherapeutics,Inc.に対する債権の取立不能のおそれに関するお知らせ

平成30年12月4日

各位
会社名株式会社メディネット
代表者名代表取締役会長兼社長木村佳司
(コード番号:2370東証マザーズ)
問合せ先経営管理部長落合雅三
(TEL045-478-0041)

ArgosTherapeutics,Inc.に対する債権の取立不能のおそれに関するお知らせ

当社は、ArgosTherapeutics,Inc.(本社:米国、President&CEOJeffreyD.Abbey、以下「Argos社」)の
転移性腎細胞がんを対象とする再生医療等製品「AGS-003」」について、Argos社が同製品の開発を中止し
たため、当該商業化を断念するとともにArgos社に対する貸付金等の回収可能性に懸念が生じたとの判断
から、平成30年9月期第2四半期(平成30年1月1日~平成30年3月31日)において520百万円を特別損失
(貸倒引当金繰入額)として計上しておりますⅰ。この度、Argos社が11月30日付けで、米国連邦破産裁判所
に米国連邦破産法第11章に基づく、救済手続開始の申立てを行ったことに伴い、同社に対する債権につ
いて、以下のとおり取立不能又は取立遅延のおそれが生じましたので、お知らせいたします。


1.相手方の概要
(1)名称ArgosTherapeutics,Inc.
(2)所在地4233TechnologyDriveDurham,NC27704U.S.A
(3)代表者の役職氏名JeffreyD.Abbey,President&CEO
基盤技術「Arcelis」を用いた、がん及び感染症治療の個別化免疫治療
(4)事業内容
技術の開発及び商業化
(5)資本金$373,700,536(42,471,065千円)
(6)設立年月日1997年5月8日
(7)連結純資産▲$12,572,879(▲1,428,907千円)
(8)連結総資産$10,880,990(1,236,624千円)
(9)大株主及び持株比率不明
当該会社と当社との間には記載すべき資本関係
資本関係
はありません。
当該会社と当社との間には記載すべき人的関係
人的関係
はありません。
上場会社と
(10)当社は当該会社から再生医療等製品の製造ライ
相手方の関係
取引関係センスの供与を受けております。また、当社は当
該会社に開発資金の貸付を行っております。
関連当事者へ当該会社は当社の関連当事者には該当しませ
の該当状況ん。
※平成30年12月3日現在の米ドル為替レート113.65円で換算

2.Argos社に対する債権の種類及び金額
債権の種類金額連結純資産に対する割合
貸付金$4,000,000.00(454,600千円)13.72%
貸付金未収利息$901,397.05(102,443千円)3.09%
合計$4,901,397.05(557,043千円)16.81%
※平成30年12月3日現在の米ドル為替レート113.65円で換算


1/2
3.業績に与える影響
本件の今期業績に与える影響は債権の回収額に依存(本件債権の全額について貸倒引当金を計上


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181204445053.pdf