2018-12-05 11:30:00

ソフトフロントホールディングス第10回新株予約権の譲渡に関するお知らせ

平成30年12月5日
各位
会社名株式会社ソフトフロントホールディングス
代表者名代表取締役社長平野井順一
(JASDAQコード2321)
問合せ先執行役員IR法務担当五十嵐達哉
電話03-6550-9270

第10回新株予約権の譲渡に関するお知らせ

当社は、本日の取締役会において、平成30年4月23日に発行した第10回新株予約権(以下、
「本新
株予約権」といいます。)の譲渡について、承認することを決議いたしましたので、以下のとおりお知ら
せいたします。

1.新株予約権の譲渡承認の経緯
当社は、平成30年4月6日付「株式会社大洋システムテクノロジーとの資本業務提携、同社に対す
る第三者割当による新株式及び第10回新株予約権の発行、並びにマイルストーンキャピタルマネ
ジメント株式会社に対する第三者割当による第1回無担保転換社債型新株予約権付社債及び第11回新
株予約権の発行に関するお知らせ」で公表したとおり、平成30年4月23日に本新株予約権総数572
個を株式会社大洋システムテクノロジー(以下、「大洋システムテクノロジー社」といいます。)を割
当先として発行いたしました。発行日から現在までの間に大洋システムテクノロジー社による本新株
予約権の行使は行われておらず、現在の残存個数は572個となっております。今回、大洋システムテ
クノロジー社より572個全てを同社と同一の株主を有する兄弟会社である株式会社オセアグループ
(以下、「オセアグループ社」といいます。)に譲渡すること(以下、「本件譲渡」といいます。)につ
いて、承認請求がありました。大洋システムテクノロジー社及びオセアグループ社からは、その理由
等につき、口頭で次の説明を受けております。
①大洋システムテクノロジー社グループ内における機能分担(業務提携は大洋システムテクノロ
ジー社が中心となって進め、資本提携はオセアグループ社が中心となって進める。)の観点から兄
弟会社であるオセアグループ社に本新株予約権を譲渡したいこと
②本新株予約権の行使により交付を受けることとなる当社株式のオセアグループ社の保有方針につ
いては、従前の大洋システムテクノロジー社のものと変わらず、当社と大洋システムテクノロ
ジー社との間の業務提携関係がある中、長期保有する方針であること

当社は、大洋システムテクノロジー社とオセアグループ社が兄弟会社であり、オセアグループ社の
当社株式の保有方針の変更もなく、本件譲渡が大洋システムテクノロジー社との間の業務提携関係に
影響することはないと判断し、本件譲渡について承認するものであります。




1
2.新株予約権の譲渡の内容
(1)譲渡人株式会社大洋システムテクノロジー
(2)譲渡先株式会社オセアグループ
(3)譲渡日平成30年12月5日
(4)譲渡個数572個
目的となる
(5)5,720,000株(新株予約権1個につき10,000株)
普通株式の数

3.譲渡の対象となる新株予約権の概要


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181204445218.pdf