2018-12-05 15:00:00

タムラ製作所特別利益の計上及び業績予想の修正に関するお知らせ

平成30年12月5日
各位
上場会社名株式会社タムラ製作所
代表者代表取締役社長田村直樹
(コード番号6768)
問合せ先責任者取締役常務執行役員経営管理本部長橋口裕作
(TEL03-3978-2031)


特別利益の計上及び業績予想の修正に関するお知らせ
当社は平成31年3月期第3四半期連結会計期間において特別利益を計上することとなりました。これに伴
い、平成30年11月5日に公表した業績予想を下記の通り修正いたしましたのでお知らせいたします。



●業績予想の修正について


平成31年3月期通期連結業績予想数値の修正(平成30年4月1日~平成31年3月31日)

親会社株主に帰1株当たり当期純利
売上高営業利益経常利益属する当期純利


百万円百万円百万円百万円円銭
前回発表予想(A)87,3005,4005,3004,50054.87
今回修正予想(B)87,3005,4005,3005,70069.50
増減額(B-A)―――1,200
増減率(%)―――26.7
(ご参考)前期実績85,5585,4075,4803,63044.27
(平成30年3月期)




修正の理由
当社が提起しておりました特許権侵害に基づく損害賠償請求訴訟におきまして、和解が成立し、12月4日、和解調書を受
領いたしました。当該和解が成立した結果、平成31年3月期第3四半期連結会計期間において、和解金から訴訟費用等を
差し引き約16億円の特別利益を計上することとなりました。これに伴い、親会社株主に帰属する当期純利益が前回予想を
上回ることが見込まれるため、業績予想を修正するものであります。
なお、和解内容の詳細につきましては、和解条項に秘密保持条項が含まれておりますため、開示は差し控えさせていた
だきます。

(注)業績予想につきましては、本資料作成時現在において入手可能な情報に基づき作成されたものであり、実際の業績
は、今後様々な要因によって予想数値と異なる可能性があります。



以上


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181130443559.pdf