2018-12-05 18:10:00

新都ホールディングス販売用不動産の取得に伴う資金借入に関するお知らせ並びに新株式の発行に係る資金使途の変更に関するお知らせ(開示事項の変更)

平成30年12月5日
各位
会社名新都ホールディングス株式会社
(JASDAQコード番号:2776)
代表者名代表取締役社長鄧明輝
問合せ先取締役半田紗弥
電話03-5980-7002


販売用不動産の取得に伴う資金借入に関するお知らせ並びに新株式の発行に係る資金使途
の変更に関するお知らせ(開示事項の変更)



当社は、平成30年12月5日開催の臨時取締役会において、販売用不動産の取得に伴う

資金借入について決議し、平成30年9月10日付「新株式の発行に係る資金使途の変更に

関するお知らせ並びに販売用不動産の取得に関するお知らせ」にて開示いたしました第三

者割当による新株式の発行により調達した資金の使途変更について、さらに変更すること

についても決議いたしましたので、合わせて下記のとおりお知らせいたします。



1.変更の理由

当社は、平成30年9月10日付で開示しました「新株式の発行に係る資金使途の変更に

関するお知らせ並びに販売用不動産の取得に関するお知らせ」では、平成30年6月22日

に開示しました「第三者割当により発行される新株式及び新株予約権の募集に関するお知

らせ」にて開示した新株式の発行により調達した資金(440百万円)を、2に記載する不

動産物件(以下「本件不動産」という)の取得資金に充当する旨お知らせいたしました。

しかし、当社のポリエチレンテレフタレート、繊維フィルムの貿易事業(輸入)にお

いて、当初の計画を上回る発注を得られる見込みとなり、当社が前渡しする仕入代金が増

加することとなりました。平成30年6月22日付「第三者割当により発行される新株式及

び新株予約権の募集に関するお知らせ」にて開示したとおり、新株予約権による調達資金

のうち40,859,600円を当該貿易事業の運転資金に充当する予定でしたが、当該新株予約

権の行使は進んでおらず、当該貿易事業の運転資金が不足するおそれが生じました。

そこで、金融機関からの資金借入を検討したところ、3に記載するとおり、金融機関か

ら本件不動産を担保として215百万円の資金を借り入れることとなり、本日、当該資金借
入について決定するとともに、借り入れた資金を本件不動産の決済資金の一部に充当する

ことといたしました。なお、本件不動産の売買契約における売主(法人)との契約上の守

秘義務により、売主及び取得価格については公表を差し控えさせていただきます(取得価

格は、当社の平成30年1月期の連結純資産の額116,732千円の30%相当額以上)。

当該借入により余剰となった、新株式の発行により調達した資金(440百万円)の残額

については、その全額を、上記の貿易事業(輸入)の運転資金に充当することにいたしま


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181205445693.pdf