2019-01-10 10:30:00

本投資法人が保有する太陽光発電設備等の賃借人兼発電事業者による特定卸供給に関する契約締結及び国内インフラ資産に係る賃貸借内容の一部変更に関するお知らせ

2019年1月10日
各位
インフラファンド発行者名
タカラレーベンインフラ投資法人
代表者名執行役員菊池正英
(コード番号9281)
管理会社名
タカラアセットマネジメント株式会社
代表者名代表取締役社長髙橋衛
問合せ先代表取締役副社長兼菊池正英
インフラファンド本部
投資運用部長
(TEL:03-6262-6402)



本投資法人が保有する太陽光発電設備等の賃借人兼発電事業者による特定卸供給に関する契約締結
及び国内インフラ資産に係る賃貸借内容の一部変更に関するお知らせ


タカラレーベンインフラ投資法人(以下「本投資法人」といいます。)が保有するLS静岡御前崎発
電所及びLS三重四日市発電所(以下、2発電所をあわせて「当該発電所」といいます。
)において、本
日、賃借人兼発電事業者である株式会社タカラレーベン(以下「タカラレーベン」といいます。
)とみ
んな電力株式会社(以下「みんな電力」といいます。
)間で以下のとおり特定卸供給に関する契約(以
下「特定卸関連契約」といいます。
)を締結することについてお知らせいたします。また、特定卸関連
契約の締結に伴い、本投資法人は、本日、当該発電所の賃貸借内容を一部変更(以下「貸借変更」とい
います。
)することを決定いたしましたのでお知らせいたします。
なお、当該発電所の賃借人であるタカラレーベンは、投資信託及び投資法人に関する法律(以下「投
信法」といいます。
)上の利害関係人等(以下「利害関係人等」といいます。
)に該当し、本投資法人が
資産の運用を委託する管理会社であるタカラアセットマネジメント株式会社(以下「本管理会社」とい
います。
)の社内規程である「利害関係人等取引規程」上の利害関係人等に該当することから、本管理
会社は、投信法及び「利害関係人等取引規程」に基づき、2019年1月10日開催の本投資法人の役員会
の同意を取得しています。

1.特定卸関連契約の概要
(1)特定卸関連契約の締結に伴う新スキーム




1
(2)特定卸関連契約締結の理由
みんな電力は、電力供給をすることで、
「つくる」(発電された電気をいいます。
電気以下同じです。

と「使う」電気(消費される電気をいいます。以下同じです。)に着目した新常識を意識し、地域社会
の活性化を考えた取組みを進めており、電気を通じて地域間連携を実現するサービスを展開しておりま
す。当該発電所の賃借人兼発電事業者であるタカラレーベンは、みんな電力との間で特定卸関連契約を
締結することで、みんな電力を介して環境負荷の少ないエネルギーに配慮される一般需要家及び企業へ
の電力供給を行うことにより(注)、発電事業者として脱炭素化社会の推進や再生可能エネルギーの普


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120190110458362.pdf