2019-01-10 16:00:00

価値開発通期の連結業績予想の修正に関するお知らせ

2019年1月10日

各位
会社名価値開発株式会社
代表者名代表取締役社長高倉茂
(コード番号3010東証第2部)
問合せ先取締役管理本部長秋山耕一
(TEL:03-5822-3010)

通期の連結業績予想の修正に関するお知らせ

2019年3月期通期(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の連結業績予想につきまして修正いたします
ので、お知らせいたします。



1.業績予想の修正について
2019年3月期通期の連結業績予想の修正(2018年4月1日~2019年3月31日)
親会社株主に帰属する1株当たり
(金額の単位:百万円)売上高営業利益経常利益
当期純利益当期純利益
前回発表予想値(A)
5,10020050100円69銭
(2018年5月11日発表)

今回修正予想値(B)4,940△270△585△660△45円56銭

増減額(B-A)△160△470△635△670―

増減率(%)△3.1%――――
(ご参考)前期実績
4,660△321△466△413△30円79銭
(2018年3月期連結会計年度)


2.修正の理由
当社グループは、ホテル事業をメイン事業として行っております。売上高につきましては、自然災害の影
響などもありましたが都市型ビジネスホテル『ベストウェスタン』及びシティホテル『衣浦グランドホテル』
の稼働率は微減に止まりました。一方で、東日本大震災の復興需要を目的に運営を行っております『バリュ
ーザホテル』の一部の店舗の稼働率が、震災復興関連宿泊需要の低迷などにより当初の計画を20%程度
下回っており、当期中に大幅な改善を見込むことが難しい状況となりました。これらの減収要因により『ベ
ストウェスタン』の新規オープンに係る増収などもありましたが下方修正いたします。
営業利益につきましては、上記の通り稼働率が計画を下回ったこと、新規ホテルのオープンに伴う費用と
して200百万円程度を計上することとなったこと、運営する既存ホテルの人件費、水道光熱費等の運営費用
が全体として100百万円程度増加する見込みとなったことなどにより下方修正いたします。
今後、当社グループの業績の早期回復のため『バリューザホテル』の運営の在り方については、当社
の経営上の最重要課題として検討を進めて参ります。
経常利益につきましては、営業利益の減少、2018年11月12日に実施いたしました第三者割当増資に係る
経費70百万円の計上、2018年12月21日に実施いたしました資金の借入に係る支払利息25百万円の計上、
今後計画しております借入金の借り換えに係る支払手数料70百万円の計上などにより下方修正いたします。
親会社株主に帰属する当期純利益につきましては、経常利益の減少、税効果会計に係る法人税等調整額な


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120190109458023.pdf