2019-01-11 12:00:00

資産運用会社における変更登録申請及び業務方法書の変更、並びにこれに伴う組織変更のお知らせ

2019年1月11日
各位
不動産投資信託証券発行者名
東京都千代田区神田神保町一丁目105番地
アドバンスレジデンス投資法人
代表者名執行役員髙坂健司
(コード番号:3269)
資産運用会社名
東京都千代田区神田神保町一丁目105番地

ADインベストメントマネジメント株式会社
代表者名代表取締役社長髙坂健司
問合せ先取締役管理本部長補佐木村知之
(TEL:03-3518-0480)


資産運用会社における変更登録申請及び業務方法書の変更、
並びにこれに伴う組織変更のお知らせ


アドバンスレジデンス投資法人(以下「本投資法人」といいます。
)が資産の運用を委託する資産運
用会社であるADインベストメントマネジメント株式会社(以下「本資産運用会社」といいます。)は、
投資一任業務及び第二種金融商品取引業務に取り組むため、金融商品取引法に基づき、変更登録の申請及
び業務方法書の変更の届出を金融庁に対して行うこと、並びにこれに伴う組織変更を行うことを決定しま
したので、お知らせいたします。





1.投資一任業務及び第二種金融商品取引業務の開始に関する申請及び届出
(1)変更登録の申請日
2019年1月11日
(2)業務方法書の変更の届出日
変更登録完了後、金融商品取引法に基づき、金融庁長官に対して遅滞なく届出を行う予定です。


2.本投資法人への効用
本資産運用会社は、新たな業務の開始に伴い、本投資法人の資産運用業務に加えて、今後は不動産
私募ファンド(以下「私募ファンド」といいます。)の運用等を行うことが可能となり、本投資法人
においては主に以下のような効用が期待されます。
(1)情報取得機会の増大
私募ファンドの運用に伴い運用資産規模が拡大するため、本資産運用会社の不動産売買賃貸
市場における存在感が高まり、本投資法人の投資対象物件に関する売買情報等の更なる収集が
可能になること。
(2)資産運用ノウハウの向上

1
私募ファンドの運用を通じて多様な知見や経験が従来以上に蓄積されることで本資産運用会社
の運用能力向上が図られ、本投資法人の投資主価値の増大に寄与すること。


3.利益相反防止体制について
本資産運用会社が運用する私募ファンドは賃貸住宅に投資することを想定しており、本投資法人と
投資対象資産が競合するため、本資産運用会社では、以下の「資産取得の検討順位に関するルール」
を設けることにより、利益相反を防止するものとします。


(ご参考)資産取得の検討順位に関するルール
当社が入手した全ての投資物件情報は、いずれも本投資法人が優先的に取得の検討を行います。
但し、以下の場合等は本ルールの対象外とします。


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120190111459079.pdf