2019-01-11 15:00:00

マックハウス特別損失(減損損失)の計上、繰延税金資産の取崩し及び業績予想の修正並びに平成31年2月期の配当予想の修正に関するお知らせ

平成31年1月11日
各位
会社名株式会社マックハウス
代表者名代表取締役社長白土孝
(コード番号7603東証JASDAQ)
問合せ先常務取締役管理統括本部長杉浦功四郎
(TEL.03-3316-1911)

当社の親会社株式会社チヨダ
代表者名代表取締役社長舟橋浩司
(コード番号8185東証第1部)

特別損失(減損損失)の計上、繰延税金資産の取崩し及び業績予想の修正
並びに平成31年2月期の配当予想の修正に関するお知らせ
当社は、平成31年2月期第3四半期決算におきまして、下記のとおり特別損失(減損損失)の計上、
繰延税金資産の取崩しとともに、最近の業績動向等を踏まえ、平成30年10月9日に公表いたしまし
た平成31年2月期(平成30年3月1日~平成31年2月28日)の業績予想、並びに平成30年4月11
日に公表いたしました配当予想を下記のとおり修正いたしましたので、お知らせいたします。



1.業績予想の修正について

平成31年2月期通期業績予想の修正(平成30年3月1日~平成31年2月28日)
1株当たり当期
売上高営業利益経常利益当期純利益
純利益
前回発表予想(A)29,360220260△860△56円07銭

今回修正予想(B)28,000△740△690△2,300△149円97銭

増減額(B-A)△1,360△960△950△1,440-

増減率(%)△4.6----
(ご参考)
前期実績30,852216264△224△14円61銭
(平成30年2月期通期)
(金額の単位:百万円)

修正の理由
当第3四半期累計期間における売上高は、低価格化戦略による客単価の低下、記録的な天候不順に
よる季節商品の販売時期のズレ、客数の減少により、既存店売上高前年比10.3%減と低調に推移しま
した。売上高は第4四半期においても急回復が見込めず、通期の業績予想につきましては前回発表予
想を大幅に下回る見込みです。
通期の粗利益につきましては、販売時期のズレに伴う値引き等により、計画に対して粗利益率が約
1pt未達、粗利益額は売上未達により大幅な減少が見込まれます。販管費につきましては、ほぼ計
画値を見込んでおり、営業利益、経常利益においても前回発表予想を下回る見込みです。
尚、当第3四半期累計期間において、収益性が悪化していると認識した店舗に関して減損損失とし
て662百万円(内、第3四半期は523百万円)を計上、繰延税金資産の取崩しにより法人税等調整額
652百万円(内、第3四半期は298百万円)を計上しました。これらにより、当期純利益は、前回発表
予想を大幅に下回る見込みです。

(注)上記の予想は、本資料の発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであります。


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120190110458814.pdf