2019-01-11 15:30:00

ドトール日レスホールディングス平成31年2月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

㈱ドトール日レスホールディングス(3087)平成31年2月期 第3四半期決算短信


○添付資料の目次
 
1.当四半期決算に関する定性的情報2
(1)経営成績に関する説明2
(2)財政状態に関する説明3
(3)連結業績予想などの将来予測情報に関する説明3
2.四半期連結財務諸表及び主な注記4
(1)四半期連結貸借対照表4
(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書6
四半期連結損益計算書 
第3四半期連結累計期間6
四半期連結包括利益計算書 
第3四半期連結累計期間7
(3)四半期連結財務諸表に関する注記事項8
(継続企業の前提に関する注記)8
(株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記)8
(四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用)8
(セグメント情報等)8
 




-1-
㈱ドトール日レスホールディングス(3087)平成31年2月期 第3四半期決算短信


1.当四半期決算に関する定性的情報
(1)経営成績に関する説明
当第3四半期連結累計期間(平成30年3月1日~同年11月30日)におけるわが国経済は、政府日銀による継続
的な経済対策や金融政策の効果から雇用情勢の改善をはじめとした緩やかな景気回復基調で推移しましたが、世界
的な貿易摩擦の影響などもあり、経済動向に変調の兆しが見受けられました。
また、インバウンドの恩恵は徐々に減少し、国内における雇用環境の改善は賃金の上昇を伴わず、天候不順や自
然災害も重なることで、食料品の高騰や生活必需品などの物価上昇の懸念もあることから、個人消費は引き続きさ
えない動きとなっており、依然として先行き不透明な状態が継続しました。
外食業界におきましても、原材料価格の上昇や物流コストの上昇、また人手不足を背景とした人件費の上昇など
も一段と高まるなど、経営環境は厳しさを増しております。さらに、消費者に根付いた低価格志向に変化は見られ


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181229456366.pdf