2019-01-11 15:40:00

アライドアーキテクツ野村ホールディングス、佐藤尚之(さとなお)氏との「ファンベース」を基盤としたマーケティング支援事業を担う合弁会社設立検討に関する基本合意書締結について

平成31年1月11日
各位
会社名アライドアーキテクツ株式会社
代表者名代表取締役社長豊増貴久
(コード番号:6081東証マザーズ)
問合せ先執行役員簗隼人
(TEL03-6408-2791)



野村ホールディングス、佐藤尚之(さとなお)氏との三者における
「ファンベース」を基盤としたマーケティング支援事業を担う
合弁会社設立の検討に関する基本合意書締結について

当社は、野村ホールディングス株式会社(代表執行役社長グループCEO:永井浩二、以下「野
村ホールディングス社」)およびコミュニケーションディレクターの佐藤尚之(さとなお)氏
と、「ファンベース」を基盤としたマーケティング支援事業における合弁会社設立の検討に関し
て、三者間で基本合意書(以下、「本合意書」)を締結しましたのでお知らせいたします。





1.本合意書締結の理由
近年、企業のマーケティング活動は大きな変革の時を迎えています。人口減少や高齢化による
購買力の低下、そしてライフスタイルやメディア接触のあり方が多様化する中で、企業と生活者
の関係づくりは複雑化を極めています。
こうした中、佐藤氏が2018年2月に出版した著書「ファンベース-支持され、愛され、長く
売れ続けるために」で提唱した、自社の商品やサービスを支持してくれる「ファン」を大切にし、
「ファン」をベース(土台、支持母体)にして売り上げや価値を中長期的に向上していく考え方
と、当社が推進する「ファンリレーションシップデザイン」という事業構想が、“企業の価
値を理解し支持する生活者(ファン)が、今後の企業活動において最重要になっていく”という
点で一致していたことから、同年7月に佐藤氏を顧問に迎え、「ファンベース」を基盤とする新
たなサービスの提供を目指し共同で開発を進めてまいりました。
「ファンベース」は、企業と生活者の新たな関係を創り上げるものであり、経営に直結する戦
略として位置づけられます。そのため、「ファンベース」を社会に浸透させるには、経営者およ
び経営層とともにその成功を目指し、企業が一丸となって取り組む体制が重要であると当社では
考えています。
このような背景において、野村ホールディングス社が、豊富な経営者経営層ネットワークを
持ち、今後顧客企業の本業支援を推進していく野村グループであること、またこの本業支援にお
いて「ファンベース」の考え方に強く賛同いただいたことから、同社をパートナーとして、この
三者による合弁会社設立に向けた検討に関する基本合意書締結に至りました。
2019年4月の設立に向けて検討を開始する合弁会社では、この「ファンベース」を基盤とした
マーケティング事業を展開し、日本社会の活性化を図ってまいります。
なお、本合意書に基づく各種契約の締結と、それに伴う合弁会社の運営体制の決定は、2019
年3月末までを目途として行う予定ですが、開示すべき事項が発生した場合には速やかに公表し
ます。


■合弁会社における事業イメージ




2.合弁会社の概要
(1)名称:未定


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120190111459031.pdf