2019-01-11 17:00:00

通期業績予想の修正に関するお知らせ

平成31年1月11日


各位

会社名株式会社フロンティア
(コード番号4250TOKYOPROMarket)
代表者名代表取締役山田紀之
問合せ先経営企画室長柳野敦
TEL092-791-8688
URLhttp://all-frontier.com/



通期業績予想の修正に関するお知らせ

当社は、最近の業績の動向等を踏まえ、平成30年7月13日に開示した平成30年11月期(平成29
年12月1日~平成30年11月30日)の業績予想を修正することとしましたので、お知らせいたしま
す。


1.当期の連結業績予想数値の修正(平成29年12月1日~平成30年11月30日)
親会社株主に帰属1株当たり
売上高営業利益経常利益
する当期純利益当期純利益
百万円百万円百万円百万円円銭
前回発表予想(A)
1,03722151829.82

今回修正予想(B)1,06313559.24

増減額(B-A)25△9△9△12

増減率(%)2.5△40.5△63.0△69.0

(参考)前期連結実績
1,196615465103.72
(平成29年11月期)
(注)当社は、平成30年5月10日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行いましたが、前連結会計年度の期
首に当該分割が行われたと仮定して、1株当たり当期純利益を算定しております。


2.修正の理由
売上高は、当連結会計年度において1,063百万円となり、前回発表予想を2.5%上回りました。一方
で、PB販売事業において、物流関連費用の削減を目的とした商品保管倉庫を含めた物流関連業務委
託契約先を変更したものの、保管倉庫移転費用及び移行期間中に生ずる売上高減少等の機会費用が想
定を大きく上回ったため、営業利益は13百万円、経常利益は5百万円となり、ともに当初の予想を大
きく下回る見通しです。更に、計上済繰延税金資産の回収可能性を検討した結果、一部取り崩し額(法
人税等調整額3百万円)を計上したことなどにより、親会社株主に帰属する当期純利益は5百万円と
なる見通しです。


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120190111459329.pdf