2019-06-11 17:00:00

神鋼鋼線工業株式会社神戸製鋼所及びグループ会社に対する訴訟の和解について

2019年6月11日
各位
上場会社名株式会社神戸製鋼所
代表者代表取締役社長山口貢
(コード番号5406東証第1部)
問合わせ先コーポレートコミュニケーション部長
本田和幸
(TEL03-5739-6010)


上場会社名日本高周波鋼業株式会社
代表者代表取締役社長河瀬昌博
(コード番号5476東証第1部)
問合わせ先管理部長村越久人
(TEL03-5687-6025)


上場会社名神鋼鋼線工業株式会社
代表者代表取締役社長藤井晃二
(コード番号5660東証第2部)
問合わせ先総務本部総務部長朝見弘志
(TEL06-6411-1051)


株式会社神戸製鋼所及びグループ会社に対する訴訟の和解について


株式会社神戸製鋼所(以下「神戸製鋼」といいます。)並びに神戸製鋼の子会社である神鋼メタ
ルプロダクツ株式会社(神戸製鋼の出資比率90%)、神鋼アルミ線材株式会社(神戸製鋼の出資
比率98.75%)、株式会社コベルコマテリアル銅管(神戸製鋼の出資比率55%)、日本高周波鋼業
株式会社(神戸製鋼の出資比率51.6%)及び神鋼鋼線工業株式会社
、(神戸製鋼の出資比率42.7%)
の100%出資子会社である神鋼鋼線ステンレス株式会社(以下「神戸製鋼グループ」と総称しま
)2017年12月8日付
す。は、「株式会社神戸製鋼所及びグループ会社に対する訴訟提起について」
にてお知らせしたとおり、2017年11月21日付けでカナダ国ブリティッシュコロンビア州上位裁
判所(SupremeCourtofBritishColumbia)において、同月22日付けで同国オンタリオ州上位
裁判所(OntarioSuperiorCourtofJustice)において、それぞれ訴訟(以下「本件訴訟」と総称
します。)を提起されておりましたが、2019年6月7日(現地時間)
、本件訴訟について、原告と
の間で和解の基本合意にいたりましたので、以下のとおりお知らせします。




1



1.訴訟の提起から和解に至るまでの経緯
本件訴訟の原告らは、神戸製鋼グループの製造した自動車向け金属製品(以下「対象製品」と
いいます。
)やそれらを使用して製造された自動車の購入者であり、対象製品が顧客製品仕様に適
合していなかったために、適合製品に比して、不当に高い対価を支払わされたことにより損失を
被ったなどとして、本件訴訟を提起していました。原告は当初、2002年から2018年の間に、特
定の自動車メーカーが製造した新車もしくは中古車を購入またはリースにより使用した、ケベッ
ク州を除くカナダ国在住のすべての者をクラス構成員とし、それらの者を代表することを主張し
ていました。本件訴訟の提起を受けた後、神戸製鋼グループは本件訴訟に応訴してまいりました。
なお、2018年12月3日(現地時間)、原告らは、本件訴訟のうち、カナダ国ブリティッシュコロ


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120190611452113.pdf