2020-02-13 18:30:00

アルファクスフードシステム2020年9月期第1四半期報告書の提出期限延長に係る承認申請書提出のお知らせ

2020年2月13日
各位
会社名株式会社アルファクスフードシステム
代表者名代表取締役社長田村隆盛
(コード番号:3814東証JASDAQ)
問合わせ先取締役管理部長菊本健司
電話番号0836-39-5151
URLhttp://www.afs.co.jp/


2020年9月期第1四半期報告書の提出期限延長に係る承認申請書提出のお知らせ

当社は、本日、下記のとおり、企業内容等の開示に関する内閣府令第17条の15の2第1項に規定す
る四半期報告書の提出期限延長に関する承認申請書を中国財務局へ提出することを決定いたしましたの
で、お知らせいたします。





1.対象となる四半期報告書
2020年9月期第1四半期報告書(自2019年10月1日至2019年12月31日)


2.延長前の提出期限
2020年2月14日


3.延長が承認された場合の提出期限
2020年3月16日


4.提出期限の延長を必要とする理由
2020年2月7日付け「特別調査委員会の設置及び2020年9月期第1四半期決算発表の延期に関する
お知らせ」に記載のとおり、当社は当社のエネルギーコスト削減事業に関する売上計上時期の適切性
(以下「本件会計処理」といいます。)につき外部からの指摘を受け、社内調査を進めた結果、一部に
つき不適切な会計処理が行われていた疑念があることを認識いたしました。
上記の疑念を認識したこと及び外部からのその他の指摘事項も踏まえ、これらの事実経緯の調査及
び会計処理の適切性の検証には相応の時間を要する事態となったことを受け、当社は、過年度の決算に
関しても検討すべき事態が生じたものと判断し、また、より詳細かつ正確に事実経緯を把握し、本件会
計処理の妥当性等に関する深度ある調査、検証を実施するためには、独立性中立性専門性の高い調
査委員会を設置する必要があると判断したため、当社とは利害関係を有しない外部の専門家を委員長
とし、外部の専門家及び当社独立社外監査役で構成される特別調査委員会を設置いたしました。
特別調査委員会による事実経緯の調査及び過年度を含む会計処理の適切性の検証には一定の時間を
要するものと見込んでおり、特別調査委員会による本件会計処理等の全容解明後、四半期報告書の作成
及び調査結果により必要となる作業並びにそれらに関する監査法人による四半期レビューの結論の表
明のための追加的なレビュー手続の実施時期を考慮すると、本来の提出期限である2020年2月14日
までに2020年9月期第1四半期報告書を提出することができないと判断し、やむなく、提出期限の延
長申請を行うことといたしました。


今後、特別調査委員会を中心に、本件会計処理及び外部からのその他の指摘事項についての事実経緯
の調査及び会計処理の適切性の検証等の調査を行いますが、現状では、特別調査委員会により行われる
より詳細かつ正確な事実経緯の把握、本件会計処理の妥当性等に関する深度ある調査、検証(なお、特


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120200213464451.pdf