2020-03-25 17:50:00

ルックホールディングス(訂正数値データ訂正)「2019年12月期決算短信〔日本基準〕(連結)」の一部訂正について

2020年3月25日
各位
会社名株式会社ルックホールディングス
代表者名代表取締役社長多田和洋
(コード番号8029東証第一部)
問合せ先常務取締役髙山英二
(TEL03-6439-1701)

(訂正数値データ訂正)「2019年12月期決算短信〔日本基準〕(連結)」の一部訂正について


2020年2月13日に公表いたしました「2019年12月期決算短信〔日本基準〕(連結)」の記載の一部に
訂正すべき事項がありましたので、下記のとおりお知らせいたします。また、数値データにも訂正がありま
したので訂正後の数値データも送信いたします。なお、訂正箇所には下線を付して表示しております。



1.訂正理由
2020年2月13日に決算短信を開示いたしましたが、有価証券報告書の作成過程におきまして、一部訂正
すべき事項が判明いたしましたので、訂正するものでございます。

2.訂正内容
サマリー情報1ページ
1.2019年12月期の連結業績(2019年1月1日~2019年12月31日)
(3)連結キャッシュフローの状況

(訂正前)
営業活動による投資活動による財務活動による現金及び現金同等物
キャッシュフローキャッシュフローキャッシュフロー期末残高
百万円百万円百万円百万円
2019年12月期1,024△9,8529,3146,231
2018年12月期1,759△9064245,830


(訂正後)
営業活動による投資活動による財務活動による現金及び現金同等物
キャッシュフローキャッシュフローキャッシュフロー期末残高
百万円百万円百万円百万円
2019年12月期998△9,8279,3146,231
2018年12月期1,759△9064245,830



(添付資料)3ページ
1.経営成績等の概況
(3)当期のキャッシュフローの概況

(訂正前)
当連結会計年度の営業活動によるキャッシュフローは、税金等調整前当期純利益は31億8千6百万円となり、増加
要因として売上債権の減少2億7千1百万円、非資金項目である減価償却費8億8千7百万円など、減少要因として仕
入債務の減少6億2千4百万円、法人税の支払額5億9千6百万円、特別損益の調整項目である固定資産売却損益20億
9千3百万円などにより、10億2千4百万円の収入(前年同期は17億5千9百万円の収入)となりました。
投資活動によるキャッシュフローは、旧本社の土地建物など有形固定資産の売却による収入33億4千1百万円が
ありましたが、BisonteItaliaHoldingS.r.l.の持分の取得による支出116億6千万円などにより、98億5千2百万円
の支出(前年同期は9億6百万円の支出)となりました。(後略)

1
(訂正後)
当連結会計年度の営業活動によるキャッシュフローは、税金等調整前当期純利益は31億8千6百万円となり、増加


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120200325484415.pdf