2020-03-25 18:50:00

ソフトバンクグループムーディーズの格付けの取下げについて

2020年3月25日
各位
本店所在地東京都港区東新橋一丁目9番1号
会社名ソフトバンクグループ株式会社
(コード番号9984東証第一部)
代表者代表取締役会長兼社長孫正義




ムーディーズの格付けの取下げについて



当社は本日、ムーディーズジャパン株式会社(以下「ムーディーズ」)から取得していた発行体
及び外貨建て債券に対する格付けについて取り下げることといたしました。
本日公表されたムーディーズの格付変更について、当社の考えは以下の通りです。


当社が2020年3月23日に発表した資産売却プログラム(以下「本プログラム」)は、株主と債権者
の皆様の利益に資する目的で実施するものであり、実施後には株主還元策としての評価に加え、当社
の信用力は改善するものと確信しております。本プログラムは、最大4.5兆円の資産売却等を実施し、
うち最大2兆円を自己株式取得、残額を社債買入れを含む負債の大幅削減にのみ充当するものです。


ムーディーズは今回の格付けアクションの理由として、当社の財務方針に対する懸念を説明してお
ります。同社は従前から当社の財務方針をアグレッシブ(ネガティブ)と判断していますが、当社と
しては、本プログラム実施をムーディーズの格付基準(クライテリア)に反映させた場合でも、2ノッ
チもの格下げを行う合理性は無いものと考えております。当社としては、このようなクライテリアを
大きく逸脱したと思われる格付評価は、格付けに基づき投資判断を行う投資家の皆様に誤解を生じさ
せるものであり、財務改善に取り組む発行体を大きく混乱させるものと考えております。


本プログラムは、資産売却等に合わせて、自己株式取得及び負債削減を行うものとして公表してい
ます。この方針については、当社経営陣は、ムーディーズに対しても繰り返し説明を行っています。
にもかかわらず、株主還元の金額のみをとらえた財務方針の評価、すなわち当社の信用力改善への取
り組みとしての資産売却等及び負債削減の方針を全く考慮していないと思われる格付けアクション
となっており、当社の考え方が全く反映されていないものと懸念しております。




1
ムーディーズは、この環境下の資産売却等について、当社が大幅に低い価格での資産売却等を強い
られることを懸念していますが、当社は、ムーディーズに対し、1年をかけて本プログラムを慎重に
実施していくことや、最大4.5兆円の資産売却等は実際には27兆円にのぼる保有資産(うち75%は上
場株式)の中からいくつもの実行の選択肢を持ちうる点を既に繰り返し説明してきました。


また、ムーディーズは資産売却後のポートフォリオの質の悪化を懸念していますが、仮に同社の考
える「評価の高い」資産(上場株式)を売却したとしても、当社としては、ポートフォリオに占める
上場株式の割合は70%以上となり、かつLTVも改善するため、定量的には、本プログラムの実行は信
用力評価上ポジティブであり、そもそも格下げを行う理由が存在しないものと考えております。


今回のムーディーズの格付アクションは、市場環境についてのムーディーズの過度に悲観的な想定、


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120200325484183.pdf