2021-01-13 17:00:00

MS&Consulting2021年2月期の連結業績予想及び配当予想の修正ならびに役員報酬の減額に関するお知らせ

2021年1月13日
各位


会社名株式会社MS&Consulting
代表者名代表取締役社長並木昭憲
(コード番号:6555東証第一部)
問合せ先取締役経営管理本部長日野輝久
(E-mailir@msandc.co.jp)


2021年2月期の連結業績予想及び配当予想の修正
ならびに役員報酬の減額に関するお知らせ

当社は、最近の業績動向を踏まえ、2020年5月13日に公表した連結業績予想及び配当予想を下記の
通り修正いたしましたのでお知らせいたします。
また、役員報酬の減額を決定いたしましたので、あわせてお知らせいたします。





Ⅰ.連結業績予想の修正について
1.2021年2月期通期の連結業績予想数値の修正(2020年3月1日~2021年2月29日)
親会社の基本的
所有者に1株当たり
売上収益営業利益税引前利益当期利益帰属する当期利益
当期利益
百万円百万円百万円百万円百万円円銭
前回発表予想(A)2,16310197656715.11
今回修正予想(B)1,387△278△282△219△216△49.05
増減額(B)-(A)△776△380△379△284△282
増減率(%)△35.9----

(ご参考)前期実績2,52832131922122350.43
(2020年2月期)


2.2021年2月期通期の連結業績予想数値修正の理由
2020年5月13日付けで発表した「2021年2月期通期連結業績予想(2020年3月1日~2021年2月
28日)」につきましては、第2四半期以降、新型コロナウイルス感染症の拡大は沈静化に向かい、
経済活動が緩やかに回復していく想定のもと作成しておりました。
第2四半期連結会計期間の受注は、感染第2波のピークとなった8月に失速したものの、前年
同期比80.0%まで回復しておりましたが、第3四半期連結会計期間の受注は、この失速から抜け
出せず、軟調な推移となりました。また、第3四半期連結会計期間は、第2波の悪影響に加え、
感染第3波への警戒も叫ばれはじめたため、業績悪化や先行きへの警戒感により、ミステリーシ
ョッピングリサーチ(MSR)やコンサルティング研修の延期又は中止を希望する既存顧客が



-1-
想定以上に増え、当期中の再開がほぼ望めないタイミングでもあることから、当社グループの通
期業績に対して甚大な影響が及びました。そのため、通期連結業績予想を修正することといたし
ました。
売上収益ならびに各段階利益については、以上の理由により、当初予想を下回る見込みです。
特に、利益面では、コスト削減に努めたものの、売上収益の減少を補えず、損失計上となる見通
しとなりました。

なお、2021年1月7日に発出された緊急事態宣言によっても、当社グループの通期業績に対し
て大きな影響が及んでおります。そのため、2021年1月12日現在までに精査、判明した影響額は
織り込み済みでございます。一方で、合理的な影響額を算定することが困難な状況にあり、今後


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120210113443672.pdf