2010-03-21 16:00:00

パスコ受託業務で使用していたポータブルハードディスクについて

平成22年3月21日各位会社名株式会社パスコ代表者名代表取締役社長杉本陽一(コード番号:9232東証第1部)問合せ先取締役経営管理部長西本利幸(TEL.03-5722-7600)

受託業務で使用していたポータブルハードディスクについて本年3月17日、福島県柳津町からの受託業務で使用していたポータブルハードディスク(以下、HDD)1台を、弊社社員が同庁内サーバ室から持ち帰るのを忘れました。当該HDDの中には、弊社が受託いたしました市町の業務に必要なデータが格納されておりました。この中には、土地家屋の所有に係る個人の基本情報(住所、氏名等)201,414件が含まれておりました。なお、現時点におきましては、これら個人情報の第三者への流出や不正利用等の二次被害が発生した事実は確認されておりません。このような事態を招き、お客さまをはじめ関係者の皆さまに多大なる心配とご迷惑をお掛けしましたことを、心より深くお詫び申し上げます。弊社といたしましては、直ちに事故調査本部を立ち上げ、柳津町のご協力をいただき、また、関係各省庁のご指導のもとで、HDDの所在、格納されていた情報の詳細などについて、全力を挙げて事実の究明に取り組んでおります。■本件への対応と再発防止策お客さまへの対応関係する自治体へは速やかに報告を行い本件に関する対応を進めております。関係する自治体の住民の皆さまには多大なるご迷惑とご心配をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。今後の対応と再発防止策弊社では、日常より情報セキュリティおよび個人情報保護を重要経営課題と位置づけており、全社員に対して情報管理に関する教育を行ってまいりましたが、今回このような諸規程を逸脱した行為が発生したことについては誠に遺憾に思います。また、今後、全社員に対しては情報セキュリティおよび個人情報保護に関して一層の指導徹底を行うと共に再発防止策の検討実施を速やかに行っていく所存です。この件に関する連絡先株式会社パスコ基幹業務部TEL03-6412-2181以上



情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120100321050496.pdf