2010-03-29 15:30:00

富士エレクトロニクス業績予想の修正に関するお知らせ

1/1ページ

平成22年3月29日各位上場会社名代表者(コード番号問合せ先責任者(TEL富士エレクトロニクス株式会社取締役社長 息栖清9883)専務取締役管理部門担当兼経理部長 木下晴夫03-3814-1200)

業績予想の修正にするお知業績予想の修正に関するお知らせ
最近の業績動向を踏まえ、平成22年4月7日に公表した業績予想を下記の通り修正いたしましたのでお知らせいたします。


● 業績予想の修正について業績予想の修正について
平成22年2月期通期連結業績予想数値の修正(平成21年3月1日~平成22年2月28日)売上高
百万円

営業利益
百万円

経常利益
百万円

当期純利益
百万円

1株当たり当期純利益
円銭

前回発表予想(A)今回発表予想(B)増減額(B-A)増減率(%)(ご参考)前期実績(平成21年2月期)

30,10029,500△599△2.040,590

1,2141,291776.42,559

1,3441,50716312.22,621

80796415719.51,296

52.7263.03

84.50

平成22年2月期通期個別業績予想数値の修正(平成21年3月1日~平成22年2月28日)売上高
百万円

営業利益
百万円

経常利益
百万円

当期純利益
百万円

1株当たり当期純利益
円銭

前回発表予想(A)今回発表予想(B)増減額(B-A)増減率(%)(ご参考)前期実績(平成21年2月期)

26,00026,097970.432,468

9821,09110911.22,118

1,1461,36622019.32,244

67788420730.61,004

44.2357.76

65.46

修正の理由業績の大宗を占める単体において、当年度は世界同時不況の影響から売上の伸びが期待できない中で、当社の強みである中堅中小顧客分野の徹底拡大と徹底した効率化経営を推進し、売上利益の確保を主眼として営業活動を展開してまいりました。その結果、単体では利益率の改善と、為替差益および投資有価証券売却益などの増益要因により、当期純利益が予想より大幅に増加したため、通期単体業績予想の修正を行います。連結業績予想については、単体の業績予想修正に伴い修正をするものであります。※上記の業績予想は、現時点において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は、様々な要因により記載の予想数値と異なる可能性があります。

以上



情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120100329058312.pdf