2010-11-17 15:00:00

アンジェスMGブタインフルエンザに対する家畜用DNAワクチン実用化に向けて評価と供給委託契約に合意−子会社ジェノミディアがバイカル社と契約を締結−

平成22年11月17日各位会社名アンジェスMG株式会社代表者代表取締役社長山田英(コード番号4563東証マザーズ)問合せ先経営企画部長鈴木文彦電話番号03-5730-2480

ブタインフルエンザに対する家畜用DNAワクチン実用化に向けて評価と供給委託契約に合意―子会社ジェノミディアがバイカル社と契約を締結―

当社子会社ジェノミディア株式会社(以下、ジェノミディア)は、財団法人沖縄県産業振興公社による「おきなわ新産業創出研究開発支援事業」の対象プロジェクトとして、パンデミックインフルエンザに対する高性能な家畜用DNAワクチンを開発中ですが、この度、ブタを含む動物での性能を実証するため、米国バイカル社(以下、バイカル)との間で、同社が所有するH1N1型インフルエンザDNAワクチンの動物評価および供給委託に関する契約を締結しましたのでお知らせいたします。この契約は、ジェノミディアが家畜用DNAワクチンの開発にあたり、バイカルが所有するインフルエンザDNAワクチン(H1N1型)を活用して、家畜用ワクチンとしての有用性を評価するために製造委託するものです。ジェノミディアは、バイカルのDNAワクチンと独自の技術を組み合わせ、ブタを含む数種の動物で有効性を評価し、家畜用ワクチンとしての実用化を目指します。今後、予測されている新型インフルエンザの世界的な大流行(パンデミック)は、ブタなど家畜での感染流行を経てヒトに感染するとされており、家畜でのインフルエンザの流行を阻止する事が重要となっております。DNAワクチンは、新型インフルエンザウイルス同定から数週間で製造することを可能にできる技術であり、ジェノミディアが検討中の高性能化技術に応用することでパンデミックインフルエンザを家畜レベルで感染拡大を防止する新しいワクチンとして実用化が期待されています。なお、バイカルは米国においてH1N1型インフルエンザに対するDNAワクチンの臨床試験(P1)を進めており、2011年第一四半期に結果が得られる予定です。本件よる本年度連結業績への影響は軽微であり、業績予想には修正はありません。以上



情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120101117069344.pdf