2010-11-17 15:40:00

インターライフホールディングス子会社の資本金の減少及び配当による孫会社の異動(組織再編)に関するお知らせ

平成22年11月17日各位会社名インターライフホールディングス株式会社代表者名代表取締役社長郷野真弘(JASDAQコード1418)問合せ先役職氏名広報IR室長正野達好電話03-3810-7111

子会社の資本金の減少及び配当による孫会社の異動(組織再編)に関するお知らせ

当社の完全子会社である株式会社日商インターライフは、平成22年11月17日開催の取締役会において、平成22年11月24日開催予定の同社株主総会に、資本金の減少及び現物配当について付議することを決議いたしました。これにより、当社は孫会社株式を取得することとなり、子会社の異動が生じますので、下記のとおりお知らせいたします。記

1.子会社の資本金の減少及び現物配当(組織再編)の理由当社グループは、平成22年10月5日に持株会社体制へ移行し、グループ全体の経営戦略の策定、各グループ会社の事業への専念により、グループ全体の企業価値向上を目指しております。その取り組みの一環として、当社の完全子会社である株式会社日商インターライフは、今後の柔軟な資本政策の展開及び配当を可能とするために、資本金の減少を行い、剰余金の配当として同社保有の子会社株式を当社へ現物配当(適格現物分配)することを決議いたしました。これにより、当社は、孫会社3社(株式会社エヌアイエルテレコム、ファシリティーマネジメント株式会社、ディーナネットワーク株式会社)の全株式を取得し、社は当社の直接保有の子会社に該当することに3なります。2.株式会社日商インターライフの資本金の額の減少の要領①平成22年3月20日現在の資本金の額2,500百万円のうち2,400百万円を減少し、減少後の資本金の額を100百万円といたします。減少する資本金は、全額をその他資本剰余金に振替いたします。②発行済株式総数の変更は行わず、資本金の額のみを無償で減少する予定であります。3.株式会社日商インターライフの剰余金の処分について資本金の減少により生じるその他資本剰余金を原資として、剰余金の配当(現物配当)を実施いたします。①当社に対する配当財産の種類及び帳簿価額の総額当社に対する配当財産の種類は、金銭以外の財産(普通株式)であり、株式会社日商インターライフの直前の帳簿価額とし、以下のとおりとなります。

-1-

株式会社エヌアイエルテレコムファシリティーマネジメント株式会社ディーナネットワーク株式会社合計

200株200株400株

314,351,768円300,000,000円148,000,000円762,351,768円

②当社に対する配当財産の割り当てに関する事項株式会社日商インターライフの株主総会開催時点において議決権割合の100%を有する株主である当社に対して、配当財産のすべてが割り当てられます。③当社に対する当該剰余金の配当効力発生日平成22年12月28日(火)(資本金の減少の効力発生後の配当となります。)

4.資本金の減少及び現物配当した会社の概要(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)商本事資設純総店業本立金年資資所在内の月号地容額日産産株式会社日商インターライフ東京都北区田端新町二丁目4番7号代表取締役社長郷野真弘内装工事業2,500百万円(平成22年3月期)昭和50年2月15日2,506百万円(平成22年3月期)3,756百万円(平成22年3月期)インターライフホールディングス株式会社(上場会社)資本関係100.0%


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120101117069328.pdf