2011-06-25 13:00:00

福井銀行株式報酬型ストックオプション(新株予約権)の発行に関するお知らせ

平成23年6月25日各位会社名株式会社福井銀行代表者名代表執行役頭取伊東忠昭(コード番号8362東証第一部)問合せ先執行役経営企画グループマネージャー朝倉真博(TEL0776-24-2030)

株式報酬型ストックオプション(新株予約権)の発行に関するお知らせ
当行は、平成23年6月25日開催の報酬委員会による決定を受け、同日開催の取締役会において、会社法第236条、第238条及び第240条の規定に基づき、当行の執行役に対して、株式報酬型ストックオプション(新株予約権)の募集を行うことを決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。記1.ストックオプションとして新株予約権を発行する理由当行では、経営改革の一環として役員報酬制度を見直し、役員退職慰労金制度を廃止するとともに、株式報酬型ストックオプションを導入することといたしました。株式報酬型ストックオプションとしての新株予約権は、執行役の業績向上と企業価値向上への貢献意欲をより強固なものとし、株主重視の経営意識を一層高めることを目的として発行するものです。2.新株予約権の発行要領(1)新株予約権の名称株式会社福井銀行当行執行役第1回新株予約権7名2,212個(2)新株予約権の割当ての対象者及びその人数並びに割当てる新株予約権の数(3)新株予約権の目的である株式の種類及び数新株予約権の目的である株式の種類は当行普通株式とし、新株予約権の目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は1個当たり100株とする。ただし、新株予約権を割り当てる日(以下、「割当日」という。)後、当行が普通株式につき、株式分割(当行普通株式の無償割当を含む。以下、株式分割の記載につき同じ。)又は株式併合を行う場合には、新株予約権のうち、当該株式分割又は株式併合の時点で行使されていない新株予約権について、付与株式数を次の計算により調整する。調整後株式数=調整前株式数×分割又は併合の比率

1

また、上記の他、割当日後、当行が合併、会社分割、株式交換又は株式移転を行う場合及びその他これらの場合に準じて付与株式数の調整を必要とする場合、当行は、当行の取締役会において必要と認められる付与株式数の調整を行うことができる。なお、上記の調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。(4)新株予約権の総数2,212個とする。上記総数は、割当予定数であり、引受けの申込みがなされなかった場合等、割り当てる新株予約権の総数が減少したときは、割り当てる新株予約権の総数をもって発行する新株予約権の総数とする。(5)新株予約権の払込金額またはその算定方法新株予約権の割当日において、ブラックショールズモデルにより算出した1株当たりのストックオプションの公正な評価単価に、付与株式数を乗じた金額とする。なお、新株予約権の割り当てを受けた者(以下、「新株予約権者」という。)は、当該払込金額の払込みに代えて、当行に対する報酬債権をもって相殺するものとし、金銭の払込みを要しないものとする。(6)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権の行使により発行又は移転される株式1株当たりの金額を1円とし、これに付与株式数を乗じた金額とする。(7)新株予約権の権利行使期間平成23年7月12日から平成53年7月11日までとする。ただし、権利行使期間の最終日が当行の休業日にあたるときは、その前営業日を最終日とする。(8)新株予約権の行使の条件①新株予約権者は、当行の執行役の地位を喪失した日(執行役の地位を喪失した日において、当行の取締役の任にある者については取締役の地位を喪失した日)の翌日から10日(10日目が休日に当たる場合には翌営業日)を経過する日までの間に限り、新株予約権を一括してのみ行使できるものとする。②③新株予約権者が死亡した場合、その者の相続人は、当該被相続人が死亡した日の翌日から6ヶ月を経過する日までの間に限り、本新株予約権を行使することができる。その他の権利行使の条件は、当行と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契約」に定めるところによる。(9)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金の額①新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じる場合は、これを切り上げるものとする。②新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金等増加限度額から上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。


情報元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120110623066040.pdf